いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お酒を飲むと下痢になるのはなぜ?下痢にならない飲み方とは?

   

おいしくお酒を飲んだ翌日、お腹がゴロゴロして調子が悪い。飲むと必ず下痢になってしまう、という人がいます。かく言う私もその一人ですが、全ての人がそうなる訳でもない様で、何とかできるものなら何とかしたい!と思い立ち、お酒を飲むと下痢になってしまう原因と、下痢にならないお酒の飲み方を調べてみました。
私と同じように、お酒を飲んだ後に下痢になってしまう方に参考にしていただければ、と思います。

スポンサードリンク

お酒を飲むと下痢になってしまう原因とは?

まず、なぜ お酒を飲むと下痢になるのかを知っておきましょう。と、いう事でまずはお酒を飲むと下痢になってしまう三つの原因をご紹介します。

原因その一、水分の取り過ぎ

お酒の中でもビールやチューハイ、サワーやハイボールなど、アルコールの度数が比較的に低くて炭酸の入ったお酒は、のど越しも良くゴクゴク飲みやすいので、あっという間にジョッキに何杯も飲んでしまったりしますよね?
実はこの飲みやすさが曲者で、アルコールのあるなしに関わらず、水分を短時間に大量に摂ると、腸に入ってきた全ての水分を吸収することが出来ずに、そのまま体外に下痢として排出してしまうのです。
単なる水の場合、一度にジョッキに何倍もの量を飲むことは出来ませんが、アルコール飲料の場合、胃がアルコールを吸収しやすい性質がある為、一時にジョッキ数杯もの量を飲めてしまうのです。
ですが、腸は大量の水分を吸収できず、下痢として体外に排出してしまうのです。

原因その二、アルコールを排出する為

お酒を飲むと、お酒に含まれているアルコールは、胃から約20%、残りは小腸から吸収され、血液に溶け込んで肝臓で分解されていきます。
アルコールを分解する為に、肝臓には大きな負担がかかることはよく知られていますが、アルコールの吸収は胃や腸にも大きな負担となります。
アルコールは刺激物ですので胃や腸の粘膜を刺激し傷つけ、小腸の粘膜に出血を起こすこともあるのです。
その為、お酒を大量に飲むことは胃腸の働きを弱め、消化や水分を吸収する力を弱めてしまい、消化不良による下痢の原因となってしまいます。
また、アルコールは腸のぜん動運動(腸が収縮と弛緩を繰り返して腸の中の消化物を肛門まで運ぶ運動の事)を活発にする働きがあり、大量にお酒を飲むことでぜん動運動が活発になり過ぎてしまった為、消化物が、水分が十分に吸収される前に下痢となって排出されてしまうのです。(少量のアルコールは適度に蠕動運動を促してくれます。)

原因その三、油っこい食べ物の取り過ぎ

から揚げや焼き肉を食べ、脂っこくなった口の中にビールを流し込む!
脂っこい食べ物やこってりしたものはお酒によく合います。しかし、脂っこい食べ物は、消化しにくく下痢の原因となってしまいます。
アルコールには胃液の分泌を増やして消化を促し、食欲を増進する作用があります。
また、飲み会の楽しい雰囲気でついつい飲み過ぎ食べ過ぎて、胃腸が許容敗因を超えてしまい、消化不良を起こしてしまうのも下痢の原因の一つです。


スポンサードリンク

下痢にならないお酒の飲み方とは?

水分の取り過ぎを控える

水分の多いビールやチューハイ、ハイボールなどは胃液を薄め、内臓を冷やしてしまい、胃腸の消化や吸収する力を大幅に低下させてしまいます。ビールなどの冷たいお酒はガンガン胃にゴクゴク流し込むのは止めて、一口づつ味わって飲むようにしましょう。

内臓を冷やさない

水分の取り過ぎとともに内臓を冷やすことがお腹を下す原因ですので、ビールの様な冷たいお酒ではなく、日本酒の熱燗や焼酎、ウイスキーのお湯割りなどを飲む様にすることで下痢になる確率はかなり低下するでしょう。
ですが、夏場など、やっぱり冷たいビールがおいしい時もありますよね?
そんな時は
寝る前と翌朝に、湯たんぽやアンカなどでお腹を暖める(低温やけどにご注意を)
朝起きた時、温かいお茶や、お湯を飲む。
などをお試しください。
また、日頃からヨーグルト、漬物、味噌などの乳酸菌の入った食品を多く摂り、腸内の環境を整えておきましょう。

適量を知る

アルコールの取り過ぎが胃腸に刺激となり、粘膜を荒らし、下痢をしやすくなる原因となります。そこで、下痢にならないお酒の量を自分で把握し、日本酒やワインなどのアルコール分が比較的低いお酒をなるべくゆっくり味わって飲みましょう。

酒の肴は脂っこいものを避け、なるべくさっぱりしたものを選ぶ

アルコールの分解で忙しい肝臓の負担を減らす為、お酒のあてに食べるものは、脂っこいものは避け、なるべくあっさりした消化の良いものを選びましょう。
具体的には、
大根の煮物、湯豆腐など、柔らかい物や煮込み料理などは消化に良いです。
枝豆や豆腐、卵料理には、良質なタンパク質が豊富に含まれ、消化吸収を助けてくれます。
イカやタコには、肝臓の機能を向上してくれるタウリンが豊富に含まれています。
肉類でも、油が落ちる焼き鳥や、脂身の少ないものは問題ありません。
以上の様な事に気を付け、お酒の肴にしてください。

最後に

以上、お酒を飲んで下痢になる原因と、下痢にならないお酒の飲み方について、ご紹介しました。
本来アルコールは刺激物として胃や腸を傷つけ、そして分解する為に肝臓やその他の臓器にも大変な負担をかける、言ってしまえば体にとっては毒物ですので、摂らないに越したことは無いのですが、そうと知っていてもお酒はなかなかやめられませんよね?
ですので、なるべく体に負担のかからない飲み方を知り、体を労わりつつ、お酒を楽しんでください。

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

疲れ目の症状を解消する対策を原因別にご紹介します。

毎日の仕事で見なければいけないパソコンの画面や、移動中や隙間時間に見ているスマホ …

夏風邪に罹った子供の特徴とは?その対処法と予防法は?

小さいお子さんが夏風邪をひかれると、40度近い高熱が出たり、なかなか 症状が良く …

体臭の原因は食事?体臭を改善し、予防する為の食べ物とは?

体を動かした後や蒸し暑い季節に、ご自分の体臭が気になりませんか? スポンサードリ …

秋の花粉症の原因とは?花粉症と風邪の違いは?その症状は?

スポンサードリンク 夏の暑さも幾分ましになってきた秋のはじめ頃、なんだかくしゃみ …

二日酔いの治し方。二日酔いはなぜ起こる?つらい吐き気と頭痛対策

スポンサードリンク つい飲み過ぎてしまった… 二日酔いだ… 辛い、苦しい…、仕事 …

紫外線の子供の影響は?紫外線から子供の肌や目を守るためには?

日光浴が子供の体に良い、真っ黒に日焼けした子供は健康的だと、一昔前は誰しも思って …

男の乾燥肌の改善方法とは?その原因と対策をご紹介します

スポンサードリンク 寒さが厳しい季節になってくると、男にも乾燥が肌につらい時期に …

インフルエンザのA型、B型、C型とは?それぞれの違いとと特徴は?

スポンサードリンク インフルエンザに関するニュースなどで良く、「今年の流行はA型 …

便秘が解消した食べ物や飲み物、その他いろいろ!これでデた!

便秘つらいですねー。 前に出たのは何日前か?下腹に確実に溜まっている感じはあるん …

インフルエンザの予防対策とは?日頃から実行できる方法をご紹介

毎年秋から冬にかけてインフルエンザに罹る方が多くなってきます。 スポンサードリン …