いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

寝すぎて腰が痛い時の対処方法とは?原因と予防方法もお教えします!

   

明日は仕事が休み!とか、学校が休み、などの理由でつい寝すぎてしまった、または風邪が長引いてずっと寝ていたら腰が痛くなってしまった、なんてことはありませんか?
疲れた体をゆっくり休めたい、ずっと寝ていたい、という気持ちはだれにでもあると思いますが、普段は何ともないのに寝すぎた時だけ襲う腰痛の痛みは嫌なものです。
今回は、寝すぎて腰痛になってしまった時の対処方法と、寝すぎで腰痛になてしまう原因と、予防方法についてご紹介します。

寝すぎて腰が痛い時の対処方法

起きたらストレッチをする

目覚めて、腰に痛みを感じたら、自分で出来る一番簡単な方法として、腰回りの血行を改善するストレッチをしてみましょう。
方法は、以下の通りです。

1.まずは立って、足を肩幅の広さまで広げます

2.そのままゆっくり、おじぎをするように前に頭を下げていき、腰に痛みを感じるところで止め、そのまま30秒ほどその姿勢を保ちます。この時、両腕はだらりと下げてください。

3.おじぎの姿勢を保ったまま、右足に体重をかけていきます。イメージとしては、体の中心が右足の真上に乗るような感じです。
この時に、腰に突っ張るような感覚があれば、そこで止めます。そのままその姿勢を30秒間ほどキープします。

4.右に掛けた体重を今度は左足にかけ、右と同じように30秒間ほどキープ。

5.今度は、体重を前にかけていきます。両足のつま先に体重を乗せるような感覚で、30秒ほどその姿勢をキープします。
ゆっくり直立の姿勢に戻ります。

この、1.から5.の動作を2回ほど繰り返ししてください。腰痛が軽減されると思います。
強い痛みを感じて出来ないという方は、絶対無理にはしないで、整形外科を受診してください。

体を暖める

寝すぎで腰が痛くなる時は、体の筋肉や筋が固まってしまった事で、血行が滞っている場合場があります。筋肉や筋を柔らかくし、血行を良くするために体を暖めましょう。
起きてから熱いお風呂に入るとか、就寝中に体を冷やさない様に靴下をはく、下半身だけ毛布を増やす等、体を冷やさない工夫をしましょう。

湿布薬や鎮痛剤を使う

市販の湿布薬を貼ったり、消炎鎮痛剤を塗る等も効果的です。
痛みが強い時は炎症をおこしている場合があり、そんな場合は患部を冷やすと楽になります。

整形外科を受診する

色々試しても腰痛が改善しない場合は、いろいろな原因が考えられますが、腰痛の原因と言っても沢山あり、素人がどうにかできるものではありません、原因がわからない、改善しない場合は、整形外科を受診してレントゲン検査で原因が判明する事があります。
整形外科の受診をご検討ください。

寝すぎて腰が痛い原因は?

これまで、寝すぎて腰が痛い場合の対処方法をご紹介て来ましたが、そもそもなんで寝すぎると腰が痛くなってしまうのでしょうか?寝すぎで腰痛になる原因をご紹介します。

寝返りをしていない

普段人は寝ている時に無意識のうちに寝返りをしています。ですが、アルコールを大量に飲んで熟睡してしまった時や、風邪などで長期間寝込んでいる時、もしくは怪我などで同じ姿勢で寝ることを強いられている時は寝返りがうてない場合があります。
寝返りをすることは、血液やリンパ液などの循環を助け、身体中の筋肉や脊椎、椎間板などをまんべんなく休める働きがあると言われており、寝返りが出来ないと血行障害がおこったり筋肉がこわばったりして、腰痛の原因となる事があるのです。

寝具があっていない

柔らかすぎる布団やマットレスは、腰を不安定な状態でしっかり支える事が出来ないので腰痛の原因になる事があります。
しかし、硬すぎる場合も背骨の反りが強くなり、圧迫が起きるために腰痛を起こしやすくなります。
ですので、布団やマットレスは柔らかすぎず、少し硬めの適度な自分の体に合ったものを使いましょう。

体調が悪い

ストレスで体に不調が出ている時、風邪などで寝込んでしまっている時、または内に疲れがたまっていて弱っている時などは腰に痛みとして現れる事があります。


寝すぎの腰痛は、こんな方法で予防できます!

腰痛の原因もわかったところで、次にその予防方法をご紹介していきます。

就寝前に軽い運動をする

お風呂から上がって、お布団に入るまでの体が温まっているうちに軽い全身運動をしましょう。
激しい運動では眠れなくなってしまうので、軽いストレッチやラジオ体操程度の運動です。
軽い運動をすることで体がほぐれ、血行が良くなり、楽に寝返りが出来るようになります。

横向きに寝てみる

いつも仰向けに寝ている人は、横向きになって寝てみることをお勧めします。
横向きに寝るほうが、腰に負担がかからないのです。
しかし、急に減る姿勢を変える事は寝付けなくなる等、難しいですよね?
そこで、無理なく横向きに寝る為に抱き枕を使ってみることをお勧めします。
思いのほか、寝心地が良いものです。
わざわざ、抱き枕を買うことに抵抗のある場合は、使っていない布団を丸めて抱き枕として使ってみてはどうでしょうか?

仰向けになる場合は、座布団を足元に敷いてみる

普段仰向けに寝ていて、横向きになることに抵抗がある方は、寝る時に足元に座布団を2枚ほど重ね、足を高くして眠ると体重のかかる部分が分散され、楽に寝ることが出来ます。一度お試しください。

最後に

いかがだったでしょうか?寝すぎで腰が痛くなってしまった時の対処法、原因、予防法等々についてご紹介してきました。
いろいろご紹介してきましたが、風邪や怪我で起きることが出来無いという方は仕方ないとして、休みの日に寝すぎて腰が痛くなってしまったという方は、今後お休みの日も早めに起きてみるというのはいかがでしょうか?
折角の休みが寝て終わってしまったなんてことが無くなりますし、お休みの日を1日有効に使え、腰が痛くなることもなくなりますよ。

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

寝不足が引き起こす症状とは?寝不足の解消方法とは?

仕事が忙しすぎたり、悩み事や極度の緊張からちゃんと寝れなくなり、睡眠不足から不眠 …

禁酒のメリットはこんなにある!具体的な効果とは?

仕事の後の一杯のビールは格別!。これを楽しみに一日を過ごして居る方もおられると思 …

熱中症の症状?頭痛や吐き気がある時の対処法

近年、夏の暑い時期になると熱中症で病院に搬送された方のニュースが多くなります。 …

妊婦はインフルエンザの予防接種できる?時期は?副作用の心配は?

冬の寒さも厳しくなってくると、インフルエンザの流行の話もニュースで流れてきます。 …

花粉症の時に頭痛がひどい!その原因と対策、治し方は?

花粉症には様々な症状が有り、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどが一般的に言われています …

くしゃみ、鼻水の原因は?その対処方法は?

季節の変わり目、春先や秋、また、日中の寒暖差が激しい日など、 突然、くしゃみと鼻 …

風邪で咳がひどくて眠れない!咳を止める方法とは?咳の原因は?

風邪をひいてしまい、咳が止まらなくなってしまった時、夜、寝るときに布団に入ってか …

ダルくて疲れやすい原因と改善方法は?もしかして病気かも?

日頃からなんか体がだるい、疲れやすい、寝ても疲れが取れない、などと感じておられる …

赤ちゃんが熱を出した時の対処法!誰かに相談したい時は?

初めて授かった赤ちゃんが急に熱を出したら、子育てに慣れないお母さんはとても冷静で …

禁煙の効果とは?禁煙のメリットとデメリットを挙げてみた

タバコを止めようかな?でもなかなか踏ん切りがつかない… 禁煙はなかなか大変で挫折 …