いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

風邪で熱が下がらない時の具体的な対処方法とは?

   

風邪に罹り熱が下がらない時は本当に体がだるくしんどく辛いものです。
早く何とかしたいですよね?
風邪が原因の高熱は、十分な休養と栄養を取れば4~5日で回復するものですが、まれに熱が下がらない事もあります。そんな時、どのように対処すればいいのでしょうか?
今回は、風邪で熱が下がらない時の対処法をご紹介します。
風邪に関するお悩みは、拙ブログのこんな記事もご参考になるかと思います。
⇒風邪をひいて眠れない時はどうすればいい?熱や他の症状の対処法

⇒風邪で咳がひどくて眠れない!咳を止める方法とは?咳の原因は?

スポンサードリンク

熱が下がらない原因とは?

対処法をご紹介する前に、風邪の発熱が長引く原因について説明します。

体力の低下

罹ってしまった風邪がウイルス性の風邪だった場合、抗生物質は効果がないので自然治癒に頼るしかありません。
しかし自然治癒に必要な体力が低下しているとなかなかか回復出来ず、風邪が長引いてしまいます。

免疫力の低下

免疫とは、病原菌やウイルスが体内に入って来ようとしたときに侵入を防いだり体内に出来た害をもたらす元を除去しようとする自己防衛機能の事です。
免疫力は、元々子供や老人は低いのですが、大人でも疲労がたまっている時や体調がすぐれない時は低くなっています。こんな時は風邪御症状の長引いてしまうのです。

栄養不足

熱が高い状態が続くと食欲がなくなってきますよね。
しかし、食事をちゃんと取らない状態が続くと風邪を治すのに必要な栄養分が足りずに風邪を治すことが出来ず、結果として風邪が長引いてしまうのです。


スポンサードリンク

熱を下げ、風邪を治すための具体的な方法

※熱が、5日間下がらない状態が続く場合は風邪ではなく何かほかの病気にかかっているかもしれません。
5日以上熱が下がらない場合は、一度病院でお医者さんの診断を受けましょう。

一番効果的な方法

風邪を治すには体を休め、十分な栄養を摂ることが良いのですが、仕事を抱えた身である大人は、なかなか休んでばかりもいられません。
そんな時、安全確実に風邪を治すには、病院を頼りましょう。
症状に合った風邪薬を処方してもらったり点滴をうってもらえばかなりの効果が期待できます。
早く治したい事情があれば、お医者さんに事情を話し、「ニンニクビタミン」、「コンドロイチン」などの注射を打ってもらうという方法もあります。

風邪や発熱に効果のある食べ物

風邪を早く治すのに効果的な食べ物をご紹介します。
炭水化物(ご飯やパン等)を減らして、食欲があるならタンパク質(白身魚、卵、鶏肉、豆腐、乳製品等)をおかゆやみそ汁の具に入れて、多めにとるようにしましょう。

また、ビタミンやミネラルを十分に摂ることを心掛けてください。
本来は、風邪の引き始めに効果があるのですが、口や鼻の粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンA(レバーやウナギなどにたくさん入っています。)
風邪の予防に効くビタミンC(青菜、ブロッコリー、人参などカラフルな野菜)
人間の体の中で様々な働きをして、生きていく上で欠かせないミネラル(イワシの丸干しや桜エビ、焼きのり、わかめや納豆に多く含まれています。)
食欲がない時は、サプリメントや薬で補ってください。

水分も良く摂ることを心掛けましょう。スポーツドリンクや経口補給水は吸収も良く、栄養分の補給も出来ます。ただし体温位に温める方が吸収良いですので、温めてから飲むことを心掛けてください。

熱を下げる方法

・動脈を冷やす
保冷剤を4こ用意します。冷えピタでもいいです。
左右の首の頸動脈と、左右の腋の下動脈に保冷剤をあてて、血液から熱を奪うのです。
熱は下がりますが、根本的な風邪の原因が治った訳ではありませんので、無理はしないでください。

・熱い風呂に入る
昔は風邪をひいたときにお風呂に入るのはダメと言われてきたが、そんなことが言われてきた昔の日本の家屋の風呂は家の外にあったり、お風呂が家に無く銭湯しかなかったりしたので風呂に入った後湯冷めをしてしまった、という事情があります。今はどんな家でもお風呂は家の中にあるのでそんな心配をすることはありません。
熱が下がらない時にお風呂に入ると体温の上昇を助けることになりますし、体も清潔になりますし、たいへん気持ち良いです。
ただし、体力がなくなっていますので、お湯の温度は体温ちょっと高めの38℃~39℃くらいにしておきましょう。
また、吐き気やめまいがする時は止めておきましょう。
体があったまったら体力を消耗するので長湯せずに上がってください。
髪はドライヤーでしっかり乾かしましょう。
体をすぐに拭いて温かくしてお布団に入ってください。

最後に

風邪で熱が下がらない時の対処法をご紹介してきました。
上でご紹介した方法の他に、市販の風邪薬を飲む方法もありますが、市販の風邪薬は、どれも一時的に風邪の症状を和らげるだけで根本的な風邪の治療が出来るわけではありません。薬を飲んで風邪の症状が抑えられているうちに休息、栄養を十分に取って、風邪を治すよう、心がけてください。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

冷え性の原因はなに?冷え性を改善する方法とは?

手足などの末端や、腰やお腹などが冷たく、極度の冷えを感じる冷え性。 冷え性はとて …

インフルエンザの予防対策とは?日頃から実行できる方法をご紹介

毎年秋から冬にかけてインフルエンザに罹る方が多くなってきます。 スポンサードリン …

梅雨時期の体調不良の原因は?どうやって直す?運動?食事?

梅雨の時期には体調を崩す方は多いですよね。 冬から春へと変わった暖かくすごしやす …

パソコン仕事の疲れ目の原因は?対策は?効果のある食べ物は?

テレビにパソコン、スマホにタブレットと、私たちの生活の中にはたくさんのディスプレ …

風邪とタバコの関係とは?風邪の時、タバコがまずい理由とは?

タバコを吸われる方で、風邪をひきやすくなったり、熱は下がったが、咳が止まらず困っ …

乾燥による肌のかゆみの原因と、乾燥肌の対策とは?

スポンサードリンク 毎年、暑さも過ぎて、だんだん肌寒い季節になってくると、お肌が …

インフルエンザと風邪の違いとは?それぞれの症状と見分け方

微熱やくしゃみ鼻水などの症状が出て、風邪かな?と思い、市販の薬を飲んでいても な …

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いとは?メリットとデメリットは?

紫外線量がピークに達する5月から8月の間、紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め …

下痢が続く時の原因と仕組み、原因ごとの対処方法とは?

腹痛や下痢は、突然襲ってくるのも大変ですが、下痢を繰り返して、なかなか直らないの …

冬の肌荒れの原因とは?乾燥肌の予防対策と治し方

秋もどんどん深まって行くと共に空気も乾燥していきます。 同時に肌も乾燥してかゆく …