いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お盆のお墓参りは何日に行けばいい?行けない時はどうしよう?

   

お盆は、ご先祖様が年に一度、家に帰ってくる大切な行事ですが、お盆の期間中、お墓参りはいつ行けば良いのでしょうか?
今回は、お盆の期間中のお墓参りとお盆にお墓参りに行けなかった時の対策、考え方についてご紹介します。

スポンサードリンク

お盆のお墓参りは何日に行けばいいの?

お盆の期間は地方によって異なる場合はありますが、一般的には8月13日~16日です。
沖縄 奄美などの一部の地方では旧暦の7月13日~16日13日から16日の間に行う所がある様です。
本当のところ、お墓参りについて特に何日に行かなければならないという決まりはありません。
宗派や地方によって様々ですので、事前に親や親せきの方に確認しておきましょう。

特に決まりは無いと言いましたが、一般的な手順はあります。
・13日にご先祖様をお墓までお迎えに行き、16日にお墓まで送り返す
・13日にご先祖様をお墓までお迎えに行き、14日または15日に墓参りし、16日にお墓まで送り返す

上記のいずれかの手順を行う場合が多いです。
それでは、上で書いたことを踏まえて、もう少し細かい手順をご紹介します。

お盆のお墓参りの日程

・12日~13日
12日の夕方か、13日の午前中に精霊棚の飾りつけや、お供え物、供花をします。

・13日
日中にご先祖様をお迎えに行って、お墓参りをして、その後うちに帰ってご先祖様と一緒に過ごします。
夕方に迎え火を焚きます。家の門口や玄関で、素焼きの焙烙(ほうろく)にオガラを折って積み重ね、火を着けて燃やし、迎え火としてご先祖様の霊を迎えます。

・14日または15日
どちらかの日にお墓参りをします。
(新盆や初盆の法要は14日、又は15日に行うことが多いです。)
お盆の期間中、つまりご先祖様が帰ってきている間は、仏壇の灯明は、出来るだけ絶やさない様に心がけ、お水や食べ物は毎日交換する様にしましょう。

※よく、「お盆の期間中は、ご先祖様は家にいるので墓参りに行っても留守なので意味がない」という方がおられますが、お墓とは本来、ご先祖様の住処ではなく、悟りの世界を形にしたものであり、仏様を拝むために建てるものなのです。
本来、お墓を拝んでいる対象は御本尊であり故人ではないのです。仏壇も同じです。
つまり、ご先祖様がお墓におられない期間だとしても、仏様に対してお参りをするという意味はあるのです。


スポンサードリンク

・16日
夕方に、ご先祖様をお墓までお見送りする為に、お墓参りします。
「また来年、お家に帰ってきてください」という気持ちを込めて送りましょう。

送り火を焚きます。送り火の焚き方は、迎え火と同じで、家の門口や玄関で、素焼きの焙烙(ほうろく)にオガラを折って積み重ね、火を着けて燃やします。

お盆のお墓参りに行けない時はどうすればいい?

お墓のある実家が遠い、または急なお仕事の都合でお盆に帰れない場合、お墓参りに行けず、後悔された方もおられると思います。

都市部で生活される方が増えており、遠方の実家に帰るのはお金も時間もかかります。

諸々の都合でお墓のある実家に帰れないというい方は多くなっていると思います。

そんな場合の対策としてまず第一に考えてほしいのは、ご先祖様を大切に思う気持ちです。

ご先祖様を敬い、大切に思う気持ちが何より大切で、その気持ちを持っていれば、その気持ちを伝える手段はいろいろあって良いと思います。

具体的な方法としては、
・宗教や宗派をお持ちの場合、今のお住いの近くのお寺や教会などでお経を読んでもらう、お祈りをする等です。そこで関係者の方に具体的な方法を相談するのも良いでしょう。

お墓のある方向に向かって手を合わせる。気持ちを形に表すことが大事ではないでしょうか?

また、お盆の期間にとらわれず、お墓参りが出来た時にお墓をきれいに掃除し、感謝の気持ちを伝えましょう。

どの様な形であっても、ご先祖様に感謝と、安らかに眠ってくださいという気持ちを伝える事が何よりも大切だという事を忘れないでください。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭, 年中行事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

新札への交換、休日はどこで出来る?新札が必要な行事とは?

結婚式や出産、入学のお祝い、お年玉など、お祝い事のご祝儀は新札を贈ることが良いと …

法事の服装で女性の注意点は?平服とは?アクセサリーは?

法事に招待された時、女性の服装はどんなところに気を付ければ良いのでしょうか? ま …

平成27年!お盆の新幹線の混雑予測は?座席の予約方法や自由席は?

お盆休みは、日本人にとっては、お正月、ゴールデンウィークと並ぶ 数少ない連休の機 …

残暑見舞いはいつ出すの?残暑見舞いの書き方とは?

夏になると友人、知人、お仕事関係の知り合いから、暑中見舞いが 届くことがあります …

お月見のだんごの由来とは?なぜススキをお供えする?その意味は?

中秋の名月にはお月見のだんごが付きものですね? スポンサードリンク 十五夜に月見 …

お歳暮の由来とは?いつまでに贈る?お歳暮のマナーとは?

お歳暮とは、お中元と並んで、日頃お世話になっている方に贈り物をする行為のことを言 …

敬老の日の由来とは?その意味は?なぜ9月の第3月曜になったの?

スポンサードリンク 毎年、9月の第3月曜日は「敬老の日」ですね。 今までがんばっ …

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

神社でおみくじを引いたとき、大吉や、凶などの運勢のところに一番に目が行きますが、 …

山の日がなぜ祝日に?山の日の由来とは?

2016年から、8月11日が「山の日」として祝日となりました。 お休みの日が増え …