いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

熱中症の症状?頭痛や吐き気がある時の対処法

      2016/07/06

近年、夏の暑い時期になると熱中症で病院に搬送された方のニュースが多くなります。
あなたはお仕事やお買い物などで真夏の屋外にいる時に、頭痛や吐き気をもよおしたことはありませんか?それは熱中症の症状かも知れません。我慢していると深刻な事態になってしまう可能性があります。
今回は、頭痛や吐き気を伴う熱中症の対処法その他についてご紹介していきます。

熱中症の症状?頭痛や吐き気を感じた時は

熱中症とは、夏の熱さのせいで体の体温を調整する機能やその他の機能が調子を崩し、いろいろな障害が起こる状態の事を言います。
室内、室外にかかわらず、高温多湿の状況にいて頭痛や吐き気を感じたら、熱中症としては初期症状ではなく、中程度まで進行していますので、ただちに病院を受診し、補液を受けましょう。

暑いと感じる状況にいて、めまいや立ちくらみ、気分の悪さを感じたら、

頭痛や吐き気などを催すまで症状が進んでおらず、めまいや立ちくらみ、気分の悪さを感自邸る状態の場合、

・まず第一に日陰や風通しの良い場所、室内なら、エアコンの効いた涼しい部屋に移動してください。

・涼しい場所に移動したら、服を脱ぎ、体を締め付けているボタンをはずし、体にこもっている熱を外に出すようにしてください。

・次に、出来れば横になり、足を少し高く絵気た状態でリラックスして体を冷ましてください。

・体を冷やす際は、首回りやわきの下に冷たいタオルやアイスノンなどを当て、しっかりと冷やしましょう。

・そして、忘れてはならないのが水分補給です。
熱中症の原因に体温の調整機能の不調があげられますが、その原因の一つが水分の不足です。
高温多湿の状況で体内の水分が不足していると、汗が十分に出ないので熱の発散が十分にできず、熱中症の原因となってしまいます。
頭痛や吐き気を感じたら十分な水分補給をしましょう。

人間の体は汗をかくことによって水分だけでなく塩分も体内から失われていきます。
そこで、熱中症の予防には、単なる水ではなく、塩分やミネラル分を補充出来るスポーツドリンクや経口補水液と呼ばれる脱水症状に作用する飲料が効果的です。


熱中症の症状の段階、頭痛や吐き気はどのレベル?

熱中症は、その症状によりⅠ度からⅢ度に分けられています。
〇Ⅰ度 初期段階
症状
・めまい 立ちくらみ 気分が悪い 手足のしびれ 
・筋肉痛や硬直⇒足がつる、こむら返りなども熱中症の症状です。体内の塩分(ナトリウム)不足により起こります・
・汗が大量に出る

Ⅰ度の対応
水分を補給し、体を冷やします。出来るだけ早く体温を下げることが大切です。
エアコンの効いている部屋など涼しい場所に移動し、体を冷やしましょう。

〇Ⅱ度 進行段階
症状
・頭痛 不快感 吐き気 嘔吐 倦怠感 汗が出ない ぐったりする
・このような状態を「熱疲労」とも言います。
Ⅱ度の対応
病院に行き、補液を受けましょう。

〇Ⅲ度 重症
症状
・意識障害 痙攣 ひきつけ 歩行困難 高い体温で、体にさわると熱いと感じる。
Ⅲ度の対応
ただちに救急車を呼んで救命医療を行う医療施設に搬送し、入院治療の必要があります。

熱中症の基本対策

熱中症に罹る恐れのある場合、その症状を初期の照症状で食いとどめる為に、基本的な対策を立てておきましょう。

〇外出の際はペットボトルや水筒でいつでも水分を摂れるようにしましょう。
喉が渇いた時には水分を摂っても手遅れになってしまう場合があります。水分補給はこまめにしましょう。

〇服装は速乾性の高い生地のものがおススメです。
通気性の良い綿や麻などの素材で、体温を逃がす服装を心掛けましょう。

〇汗を沢山かき、暑さに慣れていくようにしましょう
日頃からエアコンの効いた室内にばかりいると汗をかく機能が衰えてしまいます。
夏場にかく汗は、体温調整のために必要な汗ですので、暑いときに十分に汗をかくことが出来ないと熱中症に罹りやすくなってしまいます。
その為に、夏の暑い時でもある程度は屋外で過ごす時間を作り、汗をかき、少しは暑さに慣れる様にしましょう。
また、お風呂に入る際に、半身浴などでしっかり汗をかくことも汗をかく機能を維持する為に効果があります。

日頃から汗をかける体を意識し、こまめに水分補給を行うことで、熱中症を予防し、夏の暑さを乗り切ってください。

☆その他、熱中症の症状が気になる方は、拙ブログのこんな記事も参考にしてください。

熱中症の症状?汗が出ない!段階ごとの正しい対処法とは?

熱中症の症状と対策とは?汗が止まらないときはどうすればいい?

赤ちゃんの熱中症の兆候は?熱中症になった時の対策と予防方法は?

熱中症とは?どんな症状?熱中症になりやすい人とは?その対策は?

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

男の乾燥肌の改善方法とは?その原因と対策をご紹介します

寒さが厳しい季節になってくると、男にも乾燥が肌につらい時期になってきます。 手足 …

便秘が解消した食べ物や飲み物、その他いろいろ!これでデた!

便秘つらいですねー。 前に出たのは何日前か?下腹に確実に溜まっている感じはあるん …

子供が突然嘔吐した時の対処法は?子供の嘔吐の原因は何?

お子さんが前触れなく突然嘔吐したら、当然驚きますし、何かの病気ではないかと不安に …

寝不足が引き起こす症状とは?寝不足の解消方法とは?

仕事が忙しすぎたり、悩み事や極度の緊張からちゃんと寝れなくなり、睡眠不足から不眠 …

寝すぎて腰が痛い時の対処方法とは?原因と予防方法もお教えします!

明日は仕事が休み!とか、学校が休み、などの理由でつい寝すぎてしまった、または風邪 …

静電気でバチッと痛いのを無くす方法とは?冬の静電気の仕組みと対策

冬になるとやってくる、あの… ドアノブに触ると、バチッ! 不意を突かれてイターイ …

花粉症の時に頭痛がひどい!その原因と対策、治し方は?

花粉症には様々な症状が有り、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどが一般的に言われています …

赤ちゃんの熱中症の兆候は?熱中症になった時の対策と予防方法は?

熱中症とは、温度と湿度が高い状態が長く続く時、体から水分と塩分が失われてしまい熱 …

眠れない原因は病気?眠れなくなる原因と対策とは?

夜、さあ寝ようと布団に入ってもなかなか寝付けない… 1時間も2時間も布団の中でご …

ダルくて疲れやすい原因と改善方法は?もしかして病気かも?

日頃からなんか体がだるい、疲れやすい、寝ても疲れが取れない、などと感じておられる …