いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

夏風邪に罹った子供の特徴とは?その対処法と予防法は?

   

小さいお子さんが夏風邪をひかれると、40度近い高熱が出たり、なかなか
症状が良くならなかったりと大変ですね。
今回は、子供が罹る夏風邪の特徴と、その対処方をまとめてみました。

スポンサードリンク

夏風邪に罹った子供の特徴

夏風邪とは、単純に夏に風邪をひく事と思いがちですが、夏にひく風邪は、
冬にひく風邪とは原因となっているウィルスが全く違うタイプで、
その症状にも大きな違いがあります。

冬にひく風邪のウィルスと違って、夏風邪の原因となるウィルスは、
夏の暑さと湿気を好みます。

夏風邪のタイプは2種類あり、一つ目はのどにくるタイプで、激しい咳や
のどの痛みを引き起こします。
プール熱といわれる夏風邪がこのタイプです。

もう一つのタイプはおなかにくるタイプで、腹痛や下痢を引き起こします。

赤ちゃんやお年寄りの方など、抵抗力の弱い人が罹りやすいですが、いわゆる
夏バテにかかっている時や、寝冷え、クーラーにかかり過ぎている時など、
体力の落ちているときに夏風邪に罹りやすくなり、乳幼児から小学生を
中心とした年代に、梅雨の半ばごろから流行り始め、7月ごろにピークを迎えます。

夏風邪に罹った子供の対処法

お子さんが夏風邪に罹ってしまったら、
基本的に風邪のウィルスに利く薬というものはありませんので、
対症療法が基本となります。

スポンサードリンク

発熱があるとき、寒気があれば、体を温め、そうでないときは汗を
こまめに拭いてあげるなどして体温を下げるようにしてあげましょう。

脱水傾向になりやすいので、水分をこまめに取るようにしてあげましょう。
スポーツドリンクもいいですが、吸収の良い経口補水液がお勧めです。

夏風邪は、ウィルス感染なので、他の人に移さないようになるべく清潔に
するため、汗をかいたら着替えをさせてください。

微熱の状態なら、シャワーや入浴も良いでしょう。
その際、長風呂、湯ざめには注意してください。

あまり食欲が無いでしょうが、食べれるものを無理せず少しづつでも食べて、
十分な睡眠をとり風邪に効果のある栄養を摂ることが大切です。

夏風邪の予防法

夏風邪は、経口感染が多く見られます。

家族に患者がいる場合、家庭内でのうがいや手洗いを心がけ、トイレや洗面所の
タオルは使い回しをしないようにしましょう。
濡れたタオルは夏風邪のウィルスが繁殖しやすい環境だからです。

体力の低下による免疫力の低下も夏風邪の原因です。
夏バテ、寝不足、不規則な食事などは、急激な免疫力の低下を引き起こしますので、
十分な睡眠と休養、食事を心がけましょう。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

くしゃみ、鼻水の原因は?その対処方法は?

季節の変わり目、春先や秋、また、日中の寒暖差が激しい日など、 突然、くしゃみと鼻 …

風邪で咳がひどくて眠れない!咳を止める方法とは?咳の原因は?

風邪をひいてしまい、咳が止まらなくなってしまった時、夜、寝るときに布団に入ってか …

熱中症の症状?汗が出ない!段階ごとの正しい対処法とは?

熱中症にかかり救急搬送される人の数は年々増え続け、2015年では5月から9月まで …

インフルエンザと風邪の違いとは?それぞれの症状と見分け方

微熱やくしゃみ鼻水などの症状が出て、風邪かな?と思い、市販の薬を飲んでいても な …

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いとは?メリットとデメリットは?

紫外線量がピークに達する5月から8月の間、紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め …

体臭の原因と入浴の関係とは?体臭予防に効果的な体の洗い方とは?

スポンサードリンク 寒い季節を超えて汗ばむ季節になると、自分の体の汗の臭いが気に …

寝すぎで頭痛や吐き気がひどい原因と治し方

1週間仕事を頑張って、明日は休みだ!と、目覚ましを掛けずに寝て、気が付いたら翌日 …

秋の花粉症の原因とは?花粉症と風邪の違いは?その症状は?

スポンサードリンク 夏の暑さも幾分ましになってきた秋のはじめ頃、なんだかくしゃみ …

咳が止まらない!風邪の後のしつこい咳の原因とは?

風邪をひいて2~3日寝込むハメになり、すっかり熱も下がったのに、咳だけがいつまで …

熱中症の症状と対策とは?汗が止まらないときはどうすればいい?

お仕事やその他諸諸で一日中野外で過ごされている方、夏場の暑い時期に汗が止まらなく …