いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

夏風邪に罹った子供の特徴とは?その対処法と予防法は?

   

小さいお子さんが夏風邪をひかれると、40度近い高熱が出たり、なかなか
症状が良くならなかったりと大変ですね。
今回は、子供が罹る夏風邪の特徴と、その対処方をまとめてみました。

スポンサードリンク

夏風邪に罹った子供の特徴

夏風邪とは、単純に夏に風邪をひく事と思いがちですが、夏にひく風邪は、
冬にひく風邪とは原因となっているウィルスが全く違うタイプで、
その症状にも大きな違いがあります。

冬にひく風邪のウィルスと違って、夏風邪の原因となるウィルスは、
夏の暑さと湿気を好みます。

夏風邪のタイプは2種類あり、一つ目はのどにくるタイプで、激しい咳や
のどの痛みを引き起こします。
プール熱といわれる夏風邪がこのタイプです。

もう一つのタイプはおなかにくるタイプで、腹痛や下痢を引き起こします。

赤ちゃんやお年寄りの方など、抵抗力の弱い人が罹りやすいですが、いわゆる
夏バテにかかっている時や、寝冷え、クーラーにかかり過ぎている時など、
体力の落ちているときに夏風邪に罹りやすくなり、乳幼児から小学生を
中心とした年代に、梅雨の半ばごろから流行り始め、7月ごろにピークを迎えます。

夏風邪に罹った子供の対処法

お子さんが夏風邪に罹ってしまったら、
基本的に風邪のウィルスに利く薬というものはありませんので、
対症療法が基本となります。

スポンサードリンク

発熱があるとき、寒気があれば、体を温め、そうでないときは汗を
こまめに拭いてあげるなどして体温を下げるようにしてあげましょう。

脱水傾向になりやすいので、水分をこまめに取るようにしてあげましょう。
スポーツドリンクもいいですが、吸収の良い経口補水液がお勧めです。

夏風邪は、ウィルス感染なので、他の人に移さないようになるべく清潔に
するため、汗をかいたら着替えをさせてください。

微熱の状態なら、シャワーや入浴も良いでしょう。
その際、長風呂、湯ざめには注意してください。

あまり食欲が無いでしょうが、食べれるものを無理せず少しづつでも食べて、
十分な睡眠をとり風邪に効果のある栄養を摂ることが大切です。

夏風邪の予防法

夏風邪は、経口感染が多く見られます。

家族に患者がいる場合、家庭内でのうがいや手洗いを心がけ、トイレや洗面所の
タオルは使い回しをしないようにしましょう。
濡れたタオルは夏風邪のウィルスが繁殖しやすい環境だからです。

体力の低下による免疫力の低下も夏風邪の原因です。
夏バテ、寝不足、不規則な食事などは、急激な免疫力の低下を引き起こしますので、
十分な睡眠と休養、食事を心がけましょう。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

禁酒の方法と、禁酒の効果が実感できるまでの期間とは?

一日の終わり一杯は最高!。これを楽しみに一日を過ごして居る方もおられると思います …

冬の肌荒れの原因とは?乾燥肌の予防対策と治し方

秋もどんどん深まって行くと共に空気も乾燥していきます。 同時に肌も乾燥してかゆく …

乾燥肌を改善する良い食事とは?乾燥肌の原因となる悪い食事とは?

冬になると気温の低下や空気の乾燥などが原因で肌が乾燥しやすくなります。 そこで、 …

赤ちゃんの熱中症の兆候は?熱中症になった時の対策と予防方法は?

熱中症とは、温度と湿度が高い状態が長く続く時、体から水分と塩分が失われてしまい熱 …

寝不足が引き起こす症状とは?寝不足の解消方法とは?

仕事が忙しすぎたり、悩み事や極度の緊張からちゃんと寝れなくなり、睡眠不足から不眠 …

梅雨時期の体調不良の原因は?どうやって直す?運動?食事?

梅雨の時期には体調を崩す方は多いですよね。 冬から春へと変わった暖かくすごしやす …

男の乾燥肌の改善方法とは?その原因と対策をご紹介します

スポンサードリンク 寒さが厳しい季節になってくると、男にも乾燥が肌につらい時期に …

風邪で咳がひどくて眠れない!咳を止める方法とは?咳の原因は?

風邪をひいてしまい、咳が止まらなくなってしまった時、夜、寝るときに布団に入ってか …

風邪で熱が下がらない時の具体的な対処方法とは?

風邪に罹り熱が下がらない時は本当に体がだるくしんどく辛いものです。 早く何とかし …

疲れ目の症状を解消する対策を原因別にご紹介します。

毎日の仕事で見なければいけないパソコンの画面や、移動中や隙間時間に見ているスマホ …