いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

洗濯ものを部屋干しする場所はどこ?湿気や臭い対策は?

   

梅雨の時期や、諸々の事情で洗濯ものが外に干せない場合、しかもそれが長期間続く場合、部屋の中に部屋干しするしかないのですが、洗濯ものを干す場所が無くて困ってし舞う事はありませんか?
今回は、洗濯ものを部屋干しする時の場所のアイデアとコツ、そして部屋干しする時の湿気対策と臭い対策について、ご紹介していきます。

洗濯ものを部屋干しする場所はどこにすればいい?

浴室

洗濯ものが乾きやすい場所は、基本的に風通しの良い場所、という事で、
浴室
を一番におススメしたいと思います。
浴室の中に突っ張り棒を設置して洗濯物を吊るすか、浴室の中に入る物干しを用意して洗濯ものを干しましょう。
ユニットバスの場合、換気扇を着ければ簡易な乾燥室の完成です。
換気扇の無い浴室の場合、浴室の窓を開け、脱衣場に扇風機やサーキュレーターなどを設置して風を送りましょう。

※浴室洗濯ものを干す前に、浴室内の湿気を少なくするために浴槽に残ったお湯は捨てて、浴室内の壁や天井に着いている水滴を拭き取ってください。

浴室が使えない場合、室内干しのポイント

浴室だけでは足りない、または浴室が使えない場合は、室内に干すしかありません。
部屋に干す場合のポイントをご紹介します。
・基本的に風通しが良く、エアコンの風邪が当たる場所がおススメです。
・または、部屋と部屋の間の空気の流れる場所を利用し、そこに物干しを設置して干しましょう。

干してはいけない場所

・窓際のカーテンレールには干さないでください。
窓側に当たるところが乾きにくくなります。
また、洗濯物があたって湿ったカーテンにカビが生える原因にもなります。

その他、いつも人がいる場所や、台所の近くは湿気が溜まりやすいので部屋干しには不向きな場所です。注意してください。

部屋干しのコツ

・洗濯もの同士がくっついていると風の通りが悪く洗濯物の乾きが遅くなります。
風通しを良くするためにもハンガーとハンガーの間は握りこぶし一つが入る程度の間隔をあけましょう。
・厚手のものと薄手のものは交互に干しましょう
・長いものと短いものも交互に干しましょう。
・ズボンやスカートなどは裏返して筒干しにしましょう。
・大きなタオルやシーツなどは、蛇腹状に干しましょう。

洗濯ものを部屋干しする時の湿気対策は?

換気をして湿気を籠らせない様にしましょう

部屋干しをする場合は、2か所以上の窓を開け、空気が流れるようにするか、扇風機やサーキュレーターなどで風を当てる、またはエアコンの除湿機能を、洗濯物を干す前につけておきましょう。

アイロンやドライヤーを活用

部屋干しの場合は洗濯物が生乾きになってしまう場合があります。
そんな時は、アイロンをかければ簡単に乾かすことが出来ます。
1人暮らしでアイロンをもっていない場合は、ドライヤーで熱風を当てて生乾きの洗濯物を乾かしましょう。
ドライヤーも無い場合は、乾いたバスタオルで生乾きの洗濯物をくるんでしまいましょう。
水分を吸収させてから干せば、同じ部屋干しでもしっかり乾くまでの時間を短縮できます。

洗濯ものを部屋干しする時の臭いは防げる?

そもそもなぜ、部屋干しの洗濯物は臭うのでしょうか?
臭いの原因は「菌」です。
部屋干しの場合、外干しに比べて乾きにくい為、臭いの原因菌がどんどん繁殖してしまい、その為、洗濯物が臭くなります。
それを防ぐにはどうすればいいか?
なるべく早く乾かすのが、洗濯物を臭わなくするためのコツです。
では、具体的な対策をご紹介します。

洗濯機を汚れ物入れにしない

脱いだ服をそのまま洗濯機に入れていませんか?
湿気のある洗濯槽の中に汚れ物を溜め、何日も放置するとそこに雑菌が繁殖します。
汚れ物は通気性の良いランドリーボックスなどの入れ物を用意してそこに入れましょう。

すすぎにおふろの残り湯を使わない

少し暖かいおふろの残り湯は汚れが落ちやすいというメリットがありますが、体の汚れと雑菌の温床でもあります。
すすぎに使うと臭いの元である雑菌が洗濯物についてしまうので、最低限すすぎは水道水を使いましょう。

洗ったら、即、乾かす

洗濯が終わり、洗濯物を濡れたまま放置しておくと雑菌が繁殖してしまいます。
洗濯が終わった後は、すぐに洗濯ものを干しましょう。

洗剤は適量か?

汚れをしっかり落としたいからと、洗剤を必要以上に多く入れてはいませんか?
余分な洗剤は溶け切らず、その残りカスが洗濯物に残ってしまい、臭いやアレルギーの原因となってしまう場合があります。
洗剤の効果を最大限に生かす為にも洗剤は適量を入れましょう。

洗濯はこまめに

部屋干しは臭うし部屋の中は湿っぽくなってしまうので、なるべく晴れた日にまとめて干したい、という方もおられるでしょう。
しかし、晴れの日を待っているとどんどん洗濯ものは溜まってしまいます。
洗濯ものは出来るだけ少ない量を広いスペースで干すことが部屋干しのコツです。
臭いを防ぐ為には、外で干すことにこだわるよりも、こまめに洗濯して出来るだけ短い時間で乾く様にしましょう。

最後に

部屋干しのコツやアイデアをまとめてみました。
最近は、部屋干し用の洗剤なんかも出回っていますので、試してみるのもいいかもしれません。
部屋干しの時だけでなく、普通の選択にも使えるのでおススメです。

 - 生活の知恵 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

災害への備え!防災グッズの備蓄リストと非常時の持ち出しリスト

地震などの災害は、いつ起こるかわかりません。 近年、首都圏での直下型地震や東南海 …

夏の突然の停電!冷蔵庫は大丈夫?事前の準備は?停電後の始末は?

地震や台風などの災害時、停電は突然やってきます! そんな時、冷蔵庫は大丈夫でしょ …

エアコンからゴキブリが落ちてきた!侵入経路は?対策は?

我が家の寝室のエアコンからゴキブリが落ちてきました! 本当にびっくりしました!こ …

2015年の年末年始の新幹線の混雑はいつから?予約方法や自由席は?

年末年始は、帰省や旅行で新幹線を利用する方が多く、ゴールデンウィークやお盆と並ん …

引っ越しの準備はなにから?必要な準備の一覧と荷造りのコツ

引っ越しが決まった!だけど何から手を付けていいのか解らない! 引っ越しに必要なこ …

新札への交換、休日はどこで出来る?新札が必要な行事とは?

結婚式や出産、入学のお祝い、お年玉など、お祝い事のご祝儀は新札を贈ることが良いと …

冷蔵庫が冷えない原因は何?故障かどうかはどう調べる?

毎日の生活に欠かせない冷蔵庫。特に夏場なんか冷蔵庫の無い生活は考えられません。 …

神社に参拝するときの正しい作法とは?

初詣や七五三、縁日、または旅行に行ったときや合格祈願など、神社に参拝する機会は結 …

瓶のラベルを簡単にはがす方法とは?ラベルを保存したい時は?

空き瓶を資源ゴミに出す前に瓶からラベルをはがさないといけませんが、なかなか簡単に …

車の静電気でバチッとしない為には?乗車時と降車時の対策

寒さが身に染みる季節、車に乗ろうとドアノブに触れた瞬間、バチッ!と痛い静電気。 …