いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

母の日のプレゼントは子供から何を贈る?予算は?喜ぶ物は?

   

2016年の子供の日は5月8日(日曜日)です。
お子さんの中には、お母さんに何を贈ろうか?と、頭を悩ませている方も多い事でしょう。
そこで今回は、小学校から中学に通うくらいの子供が出来る母の日に贈るプレゼントのヒントや、贈って喜ばれる物などについてご紹介していきます。

母の日のプレゼントは子供から何を贈る?

早速、母の日のプレゼントのアイデアをいくつかご紹介します。

カーネーション、その他の花

○「カーネーション」。
shutterstock_264475319
母の日に贈る花といえば、定番中の定番です。
赤いカーネーションの花言葉は「母の愛」で、まさしく母の日に贈るプレゼントとしてベストな選択と言えます。

○「紫陽花(アジサイ)」
3a42158264f1295e08b199fdbd7d3595
母の日に贈る花として最近、人気が上がってきているのがこの「紫陽花(アジサイ)です。」
5月から7月にかけて開花する紫陽花は時期的に母の日に重なりますし、長く観賞用に楽しめるという事で人気が上がってきています。
紫陽花の花言葉は、「元気な女性」「和気あいあい」
といったものがあります。
この花言葉も母の日にプレゼントする花として人気が上がっている要因の一つでしょう。
花の色も様々な種類がありますし、日本では梅雨の季節を代表する花として古くから愛されています。

○その他の母の日に贈る花
・薔薇
女性にプレゼントする花としては定番ですね。
花言葉は「愛」「美」
・ユリ
高級感や華やかさがあります。
花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」「純粋」

これらの花は、カーメーションや紫陽花に比べると高価ですので、贈る方、贈られる方が何かの節目を迎えた記念、等の意味で贈る事が多い様です。

その他、母の日のプレゼント

花の他に、もらって嬉しいプレゼントを上げていきます。

○自由な時間
働きながら子育てや家事もこなすお母さんには自由な時間はとても貴重です!
1日、が無理でも数時間でも、普段お母さんにやってもらっている家事を変わってあげることでお母さんに自由な時間を作ることが出来ます。
家事を変わってあげることで、あなたにもお母さんの大変さが解り、お母さんがしてくれている事のありがたみが分かると思います。
※自由な時間をお母さんにプレゼントする場合は、サプライズではなく、事前にお母さんに相談しておきましょう。
いきなり、自由な時間を渡されても何をしていいか、お母さんは困ってしまうと思います。何をする時間に当てるか考える時間も上げましょう。

○家事を手伝って上げる、または食事の支度を変わってあげる。
上で紹介した、「自由な時間」ライトバージョンです。
いきなり家事全般というのはハードルが高いので、家事全てが無理な場合は、お母さんのお手伝いをしてあげましょう。
それだけでも普段お母さんがしている事の大変さが分かりますし、お母さんと普段できない話も出来ると思います。

○手紙、似顔絵
お金を出して買うプレゼントよりも、「手紙」の方が、感謝の気持ちが素直に伝わりうれしいものです。
改まって手紙なんか恥ずかしいと思うかもしれませんが、メッセージカードに2行から3行程度の手紙でも感謝の気持ちは伝わるものです。
また、手紙や似顔絵は後々に残るものですので、記念の品として時折見返すことが出来、贈ってもらった方としては後々まで嬉しいものです。

母の日のプレゼントの予算は?

プレゼントの予算ですが、確かにお金をかければ高級なものが買えますが、あまりお金をかけすぎると、逆に送ってもらった方が気を使ってしまいます。
ですので、あくまでお小遣いでやりくりできる範囲でプレゼントしましょう。
具体的には、500円から3,000円程度で、収まるくらいにしましょう。
例えば、カーネーションも一輪挿しなんかは500円程度で買えると思いますし、
その他にも、
・メッセージカード
・手紙
・折り紙クラフトで花束を作る

など、工夫をすればお金をかけずに出来るプレゼントはあります。
お金をかけるよりも、頭を使って、お母さんが喜ぶプレゼントを考えてください。


母の日のプレゼントでお母さんが喜ぶ物とは?

色々と、母の日のプレゼントについてご紹介してきましたが、ちょっと考え方を変えて、「どうすれば、感謝の気持ちが伝わるか?」という視点で考えてみませんか?
お花やスイーツ、きれいなアクセサリーを贈ってもらえば、それはお母さんもうれしいでしょう。でも、プレゼントをもらって嬉しいのはそこにあなたの感謝の気持ちがあればこそ、です。
普段思っていても言えない
「ありがとう」や、
「大好き」
という気持ちをちゃんと伝えれば、プレゼントはどんなものでもうれしいものです。

 - 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

恵方の2016年の方角は?恵方巻の由来とは?正しい食べ方とは?

2016年、平成28年、2月3日の節分の日が近づいてまいりました。 みなさま、今 …

ハロウィンに付き物のかぼちゃの由来は?お菓子を配るのはなぜ?

ここ数年の盛り上がりで、すっかり日本に定着した感のある「ハロウィン」のお祭りです …

土用の丑の日っていつ?なぜ土用の丑の日はうなぎを食べるの?

毎年、7月の終わりごろは、土用の丑の日にうなぎを食べます。 町のうなぎ屋さんも賑 …

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

お彼岸の由来とは?なぜお墓参りをする?なぜおはぎを食べる?

日本には古くから「お彼岸」という、春と秋にお墓参りをする習慣があります。 この習 …

七五三での親の服装は何を着ればいい?着物、洋服の場合は?

お子様の成長を祝う七五三。 男の子も女の子も、その晴れ姿が楽しみですよね? 当日 …

七五三の由来と歴史、その意味は?なぜ11月15日に祝うのか?

お子様の成長を祝う七五三の行事。 三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の …

七五三の準備はいつ始める?写真撮影や神社、会食の予約はどうする?

お子様の成長を祝う、七五三の行事。 ですが、七五三の当日は、以外にやることが沢山 …

お歳暮で頂いたハムのおいしい食べ方は?残ったハムの保存方法は?

お歳暮の季節になりました。お歳暮の定番といえば、テレビのCMでもありますが、ハム …

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

神社でおみくじを引いたとき、大吉や、凶などの運勢のところに一番に目が行きますが、 …