いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

法事の服装は男性はなにを着れば?平服とは?ネクタイは?

   

法事に招待された場合、男性はどんな服装が良いのでしょうか?
また、三回忌以降の招待の場合に多い「平服でお越し下さい」と書かれている場合はどうすればいいのか?平服の場合のネクタイの色柄など、いろいろとお悩みの方に、今回は法事に招待された場合の男性の服装について、ご紹介します。

スポンサードリンク

法事の服装は男性はなにを着ればいい?

地方や地域によって服装の考え方も変わりますので、まずは主催者か、一緒に出られる方に服装について確認した方が無難です。

基本的にお葬式から3回忌までは喪服に黒のネクタイで問題ありません。
3回目以降の法事の場合は略喪服を着用しましょう。
(略喪服とは、急な弔問や三回忌以降の法要で一般の参列者が着る、喪服に準ずる喪服で、礼服ではない地味目な服装の事です。男性の場合は控えめなカジュアル過ぎない装いが良いでしょう。
スーツの色はダークグレーなどの目立たない地味目な色合いで、無地またはそれに近い物。光沢のある生地や大柄のものは避けましょう。)

基本は黒のスーツ。
ジャケットはシングルでもダブルでも問題ありません。
ワイシャツは白。
その他のベルトやネクタイ、靴などは黒で統一しましょう。

法事の服装で平服で良い場合はどんな恰好が良い?

法事の招待状に「平服でお越しください」と書いてあった場合、平服とはどんな服の事を指しているのでしょうか?。
平服とは、モーニングやタキシードなどの正礼装では無い服の事で、普段着る服、仕事をする時の服等の事を意味します。
改まった招待状で「平服」と書かれていたら、それは単なる普段着の事では無く「略装を着る」という意味です。
礼服がモーニングやタキシードと考えれば、一般的にはスーツと考えれば良いでしょう。
色は黒が基本ですが、ダークスーツでも問題ないと思います。
ワイシャツは白。その他の小物も地味な色で統一しましょう。


スポンサードリンク

法事の服装でネクタイはどんな色柄を選べばいい?

法事に参加するとき、ネクタイについても意外とすんなり決められず悩んでしまいます。
お葬式の際や四十九日~3回忌までは、ネクタイは当然黒ですので頭を使う必要はありませんが、7回忌、13回忌等、なっていきますとだんだんと服装もカジュアルになってきます。
そうなると、ネクタイもいつまでも黒一色では違和感も出てきます。

ですので、服装もだんだんとラフな格好になっていくのに合わせ、ネクタイも黒一辺倒ではなく、黒に近い紺やグレーのもの、地味な色柄であれば問題ないでしょう。

服装に迷った場合は、確認しましょう

今回は、法事の際の服装や「平服でお越しください」と招待された場合の服装やネクタイについてご紹介させていただき、平服であっても基本ダークスーツに派手ではない、地味な色柄のネクタイをお勧めさせていただきました。
しかし、その法事の主催者の意図か、自然とそうなったのか、参加者が平服で、との案内をもらって普段着で参加するような法事もある様です。
そのような場に、一人だけスーツを着ていっても浮いてしまいますよね。
そんなケースを避けるために、「平服で」と案内をいただいた場合は、主催者か、同じ集まりに招待された方に、服装について相談してみるのが良いと思います。
そこまで確認しておけば、法事の当日に1人だけ場違いな格好で恥ずかしい思いをするようなことは避けられるでしょう。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 ,

Comment

  1. ヨッチ より:

    法事の服装、難しいですね。 略礼服、平服。 一般社会では夏場はクールビズ、顧客と打ち合わせでもネクタイはしない。など取決めがありますよね。

    私は割り切りで葬儀は黒の礼服、法事は親族以外はダークスーツ、親族の法事は基
    本は普段着、ホテル等会場を使用する場合は話合いでと決めてます。

    しきたりも大事ですが、気持ちが大事ですから、自分流でもいいのでは?

  2. koutaka より:

    ヨッチ様へ
    コメントいただきありがとうございました。
    また、お返事が遅れてしまい、大変申し訳ございませんでした。
    ヨッチ様のおっしゃるとおり、ご自分のスタイルをしっかりと確立されているなら、周りの意見に振り回されることもありませんので、それが理想だと思います。

    いろいろ知っているブログ 管理者コージ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お彼岸のお供え物はなにがいい?掛け紙(熨斗)の書き方は?

春と秋、年2回のお彼岸は、親戚や知人宅を訪問したりお墓参りをする大切な日です。 …

お彼岸の由来とは?なぜお墓参りをする?なぜおはぎを食べる?

日本には古くから「お彼岸」という、春と秋にお墓参りをする習慣があります。 この習 …

お彼岸のお墓参りの方法とは?マナーとは?

春と秋に訪れるお彼岸の一週間はご先祖様を供養する期間です。 スポンサードリンク …

お彼岸の結婚式は非常識?招待状を出すときに気を付けることは?

結婚式の日取りというものは、季節や様々な予定の調整、招待客の都合など、色々な要素 …

法事の服装で女性の注意点は?平服とは?アクセサリーは?

法事に招待された時、女性の服装はどんなところに気を付ければ良いのでしょうか? ま …

お中元のお返しは会社からの場合は?のしの書き方は?金額は?

日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを込めて贈るお中元。 頂いてもうれしいも …

お盆のお墓参りは何日に行けばいい?行けない時はどうしよう?

お盆は、ご先祖様が年に一度、家に帰ってくる大切な行事ですが、お盆の期間中、お墓参 …

新札への交換、休日はどこで出来る?新札が必要な行事とは?

結婚式や出産、入学のお祝い、お年玉など、お祝い事のご祝儀は新札を贈ることが良いと …

お墓参りの花の選び方は?花の値段はいくら位?

みなさんはお墓参りの際、お墓にお供えするお花はどのように選んでいますか? お花屋 …

お中元を上司に贈る際のマナーとは?相場や贈り方はどうする?

お中元の季節、新社会人になった方や、転職で新しい会社に入ってこの時期を迎えた方は …