いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

花粉症の時に頭痛がひどい!その原因と対策、治し方は?

   

花粉症には様々な症状が有り、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどが一般的に言われていますが、その他にも倦怠感や頭が重いといった症状、そして多くの人を悩ませている症状の一つに頭痛があります。
今回は、花粉症が原因と思われる頭痛の原因と解消法をご紹介します。

花粉症の時に頭痛になる原因は?

花粉症が引き起こす頭痛の症状は人によって様々で、風邪を引いたときの様な目の奥がわずかに痛むような感じや、偏頭痛の様にズキズキと痛むような感じだったりしますが、その主な原因は、鼻の粘膜が炎症をおこしたものと考えられます。
花粉の飛散量が多いと、花粉症の方は鼻の粘膜がアレルギーを起こして腫れ上がってしまいます。そうなると、鼻から吸い込む息の量が減り、その結果、体に取り込む酸素の量が花粉が飛んでいない時期に比べて極端に少なくなってしまいます。
結果、脳に十分な酸素が行き届かず、いわば酸欠状態になってしまいます。
その状態が、頭が重苦しくなってしまう状態で、慢性的な頭痛の元となってしまうのです。

頭痛が起こるのはどんな時?

頭痛は、呼吸が苦しくてぐっすり眠れなくなってしまい、睡眠不足が原因で起こることもありますし、または、くしゃみや鼻詰まり等の不快な症状が続くことで首や肩の筋肉が凝り固まってそれが原因で頭痛になってしまう事もあります。
その他に、別の原因として鼻の横、目の下あたりに「副鼻腔」という空洞があり、この副鼻腔に花粉が入ってしまう事で炎症をおこる「副鼻腔炎」になってしまうと鼻やその周辺が痛みますが、この副鼻腔炎が長引くことで炎症部に膿が発生し「慢性副鼻腔炎」になってしまうと副鼻腔自体よりもその周辺、つまり頭や歯などが痛くなる場合があります。


花粉症の頭痛の対策、治し方は?

花粉症が原因で起こる頭痛は、鼻の通りを良して酸素をしっかりと体内に取り込むことで軽減される場合があります。酷い頭痛はストレスの元となりますので我慢は禁物です。

花粉症の頭痛を緩和させる方法

○鼻を温める
簡単お手軽にできて、効果が高いのが鼻を温める事です。
鼻を温めることで鼻粘膜の血流が良くなり、鼻の通りが良くなることがあります。
具体的な方法は、以下の三つです。

1・温めたタオル等で鼻を覆う
温水に浸したタオルか、もしくは水分を含ませ、軽く絞ったタオルを電子レンジで温めた後(暖め過ぎて高温になる場合がありますので注意してください)、適温になるまで待ってから鼻の上に載せます。ちょっと熱く感じるくらいがいいと思います。
鼻の穴を塞がない様にしてください。
そのまま5分くらい待って、その後鼻をかんで鼻水を出せば、鼻の通りが良くなります。

2・湯気を鼻から吸う
コップに入れた白湯、またはホットコーヒーや熱く入れたお茶でも結構です。
それを鼻の下の位置にもってゆっくりと鼻呼吸して、蒸気を吸い込みます。
3分ほど続けて、鼻が通ってきたら、鼻をかんで鼻水を出します。

3・手で鼻を覆って温める
先に紹介した方法より効果は薄いと思いますが、タオルや熱いお湯、お茶などを用意できないときはこの方法で鼻を温めてください。
手が冷たいと効果がありませんので、まず手を温めてから試してください。

○呼吸法で鼻詰まりを治す
この方法は、鼻の通りの持続時間はそれほど長くないのですが、道具はなにも使わずにできますので簡単にためせます。外出時に鼻が詰まった時などにお試しください。
・まずは深く息を吸い込みます。
・その後、吸った息をゆっくりと吐きだします。吐く息が無くなるまで吐き続けます。
・息を吐きつくしたら、鼻を摘まみます・
・鼻を摘まんだまま、頭を上下にゆっくりと振ります。空を見上げて、その後地面を見るまでを、2秒間隔くらいのスピードで続けます。
・苦しくなったら手を外して鼻から息を吸い込みます。
これで、鼻詰りが解消しているはずです。

この方法は、軽い酸欠状態を作り出すことで、脳をだまして鼻腔を広げるというロジックです。人前で行うのは多少気が引けるかもしれませんが、効果はありますので、お試しください。

○頭の位置を高くして横向きに寝る
寝る時に簡単にできて、鼻詰りが解消する方法です。
・タオルケットやバスタオルを畳み、腰から頭に向かって徐々に高くなるように緩やかなスロープを作る。
・鼻詰りがひどいほうの鼻の穴が上に来るように、横向きになって寝る。

○薬を飲む時に注意してほしい事
頭痛薬を飲むことで一時的に症状を緩和する方法もありますが、一つ注意してほしい事があります。
花粉症の症状が出ている時は、通常の頭痛薬と花粉症の薬を併用することもあり得ます。薬の成分が重複する可能性も考え、病院で症状を説明し、お医者様に薬を処方してもらう様にしましょう。
花粉症がひどいときに発症する頭痛は、花粉症の諸症状が原因となる場合が多い為、病院に行く時は耳鼻科を受診してください。

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風邪とタバコの関係とは?風邪の時、タバコがまずい理由とは?

タバコを吸われる方で、風邪をひきやすくなったり、熱は下がったが、咳が止まらず困っ …

家族がインフルエンザを発症した時、他の家族は仕事や学校に行ける?

ご家族がインフルエンザを発症された場合、他の家族の感染予防は当然されるとして、お …

熱中症の症状と対策とは?汗が止まらないときはどうすればいい?

お仕事やその他諸諸で一日中野外で過ごされている方、夏場の暑い時期に汗が止まらなく …

仕事中、眠たくなった時の対処法は?なぜ眠くなるの?予防法は?

平日の仕事中、学生の方は授業中。 昼食後、少し経って眠けが襲ってくることってあり …

禁酒の方法と、禁酒の効果が実感できるまでの期間とは?

一日の終わり一杯は最高!。これを楽しみに一日を過ごして居る方もおられると思います …

体臭の原因は食事?体臭を改善し、予防する為の食べ物とは?

体を動かした後や蒸し暑い季節に、ご自分の体臭が気になりませんか? また、季節にか …

インフルエンザの予防接種は効果ある?効果の期間は?いつ頃受ける?

毎年、寒さを感じる季節になってくると、インフルエンザの感染の話を耳にします。 何 …

下痢が続く時の原因と仕組み、原因ごとの対処方法とは?

腹痛や下痢は、突然襲ってくるのも大変ですが、下痢を繰り返して、なかなか直らないの …

紫外線の子供の影響は?紫外線から子供の肌や目を守るためには?

日光浴が子供の体に良い、真っ黒に日焼けした子供は健康的だと、一昔前は誰しも思って …

ノロウイルスの予防対策は?感染してしまった場合の対処は?

近年、ノロウイルスによる感染性の胃腸炎は冬になると大流行の兆しを見せますが、 子 …