いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

冷え性の原因はなに?冷え性を改善する方法とは?

   

手足などの末端や、腰やお腹などが冷たく、極度の冷えを感じる冷え性。
冷え性はとてもつらく、しもやけなどの症状に悩まされている方も多いでしょう。
ですが、冷え性は病気ではありません。生活習慣を見直すことで改善できます。
と、いう事で今回は、冷え性の原因と、具体的な改善方法をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

冷え性の原因はなに?

冷え性とは、血液の流れ、血行が悪くなったことが原因で起こる、体の特定の部位、手足、腰、お腹や背中、肩などに極度の冷えを感じる症状の事です。
血行が悪くなる原因を下記にご紹介します。

自律神経の乱れ

過度なストレスにさらされる事や、不規則な生活、その他の原因で自律神経がバランスを崩してしまうと体温の調節が難しくなり、血液のコントロールも困難になってしまいます。
血液のコントロールが出来なくなってしまうと血液の流れが滞り、冷え性になってしまいます。

運動不足

足の裏は際にの心臓と言われており、歩くなどの運動をすることで下半身の筋肉がポンプの様な働きをして血液を押し上げ、心臓に戻しています。
その結果、全身の血流が良くなって体の組織の代謝が促進され、体温が上昇します。
しかし、運動不足により筋肉を使わないでいると筋肉の力は弱まり、血液を送り出す力も弱くなってしまいます。OLさんで冷え性の方が多いのも、長時間の座り仕事による運動不足が原因なのでは無いでしょうか?

食生活

○食べ過ぎ
食べ物を消化するためには胃や腸に多量の血液を送り、胃や腸を働かせる必要があります。
胃腸に血液が集まることで胃腸以外の体の部位への血液の供給が不足するため、体熱が低下し、冷えにつながります。

○体を冷やす水分の摂りすぎ
水分は、体にとってなくてはならない大切なものですが、それは尿や汗などできちんと体の外に排泄出来た場合の事で、水分が体内に溜まると冷えの原因になります。
出来るだけ体を冷やす飲み物は避け、体を暖める飲み物で水分の巡りを良くすることが大切です。

○食生活の偏り
塩分や脂質、炭水化物の過剰摂取、ファーストフードを連日食べている等の食生活の偏りを続けていると冷え性の原因となります。
脂質などの過剰摂取によって、血液中の赤血球は柔軟性を失っていき、毛細血管のスムーズに通り抜けることが出来なくなり、血液の流れは春くなってしまいます。

貧血や低血圧が原因の冷え性

動悸や生きげれがある・体にだるさを感じる・気持ちが悪くなる・疲れやすく、疲れがなかなか抜けない・フラフラする
これらの症状がある場合は冷え性ではなく、貧血や低血圧から冷えを感じている可能性があります。

○貧血
血液系に疾患のある方は、血液が滞りやすく同時に冷え性になるケースが多く見られます。
血液の主成分とは、赤血球(ヘモグロビンという鉄を含む)であり、子の赤血球は酸素を体の隅々まで行き届かせる働きがあるのです。
しかし、貧血の方の場合は血液自体が少ない為、全身に十分な酸素を行き届かせることが出来なくなります。体が酸素不足になると、熱を作る為に必要な栄養分が十分燃焼できず、体を温めることが出来なくなってしまいます。

○低血圧
元々、低血圧だった場合、全身に血液を送り届ける力が弱く、体の隅々まで血液を上手く送り届けることが出来なくなってしまう為、全身への酸素供給量が低下し、の冷えへと繋がってしまいます。

貧血や低血圧に心当たりのある方は、症状を悪化させない為にも、一度病院で診察してもらう事をお勧めします。


スポンサードリンク

冷え性を改善する方法とは?

冷え性になってしまうと、体が冷えるだけでなく、首、肩、腰などの痛みや、肌荒れ、その他にも生理痛がひどくなる、妊娠しずらくなる等、様々な弊害があります。
冷え性を改善する為に、日常的に出来る改善方法をご紹介します。

日常的にからだを動かす

冷え性の原因となる血行不良を改善する為に、適度に運動は効果があります。
何かスポーツを始めたり、ジムに通ったりまでする必要はありません。
通勤されている方は、一駅分歩く、エレベーターを使わず階段を使う、その他自転車にならず歩いてみるなど、日常的に取り入れることが出来る運動を心掛けてください。
その上で、余裕があればウォーキングなどの運動に挑戦してみるのもいいでしょう。

入浴時は湯船に浸かる

シャワーだけで入浴をすませている方は、なるべく湯船に浸かることを心掛けましょう。
ゆっくりとお湯につかることで体が温まって血行が良くなります。体を芯から温めることが大切です。

食生活の改善

からだを温め、血行を良くする食材を意識して日常の食事に取り入れましょう。

肉類、豆腐や納豆などのタンパク質は代謝が上がり、血行が良くなります。
その他、チーズ、もち米やライ麦、ゴマ油、玉ねぎ、生姜、エビ、鯵やサバなどの青魚、果物の桃やココアなど、これらの食材は血行を促し、体を温める効果がありますので、意識して日常の食事に取り入れてください。

エアコンに注意する

夏は自宅やオフィス、電車や車等の乗り物の中までエアコンが効いています。
エアコンの効き過ぎは冷え性の原因となりますので夏場はエアコンの効き過ぎた場所で長時間過ごさなければいけない場合は、体を冷やし過ぎない様に何か対策をしましょう。
カーディガンを羽織る、ひざ掛けを用意する、温かい飲み物を飲むなどを行ってください。

病院で治療を受ける

最近では、「冷え性外来」というものもあり、薬の処方だけでなく、日頃の生活のアドバイスなどを行ってくれるところもあるそうです。漢方薬を処方される場合は、診察したうえで体調や症状に合ったものを処方してくれるとの事です。
いろいろ努力しても症状が改善しないときはお医者様を受診することも検討されてはいかがでしょうか?

最後に

最初に書いた様に、冷え性は病気ではありません。
しかし、様々な体の不調や行基を引き起こす恐れのある危険な状態である事は間違いありません。
単なる冷え性と甘く考えず、改善に向けて、出来ることから実行していきましょう。
冷え性を改善していくことで、体の不調も取り除かれてゆくはずです。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

家族がインフルエンザを発症した時、他の家族は仕事や学校に行ける?

ご家族がインフルエンザを発症された場合、他の家族の感染予防は当然されるとして、お …

インフルエンザに家族が罹った時、感染を防ぐ為に出来る事は?

ご家族がインフルエンザを発症された場合、他の家族にインフルエンザが感染してしまっ …

禁煙すると寝つきと目覚めが良くなるのはなぜ?タバコとの関係とは?

今現在、寝つきが悪くて、いつまでたっても眠れないとか、朝スッキリ目覚めることが出 …

風邪で熱が下がらない時の具体的な対処方法とは?

風邪に罹り熱が下がらない時は本当に体がだるくしんどく辛いものです。 早く何とかし …

熱中症の症状?汗が出ない!段階ごとの正しい対処法とは?

熱中症にかかり救急搬送される人の数は年々増え続け、2015年では5月から9月まで …

秋の花粉症の原因とは?花粉症と風邪の違いは?その症状は?

スポンサードリンク 夏の暑さも幾分ましになってきた秋のはじめ頃、なんだかくしゃみ …

インフルエンザ潜伏期間は?人にうつる?解熱後の外出は何日目から?

インフルエンザが発症した場合、自分の体の中にインフルエンザウイルスが入り込んだの …

眠れない原因は病気?眠れなくなる原因と対策とは?

夜、さあ寝ようと布団に入ってもなかなか寝付けない… 1時間も2時間も布団の中でご …

熱中症の症状と対策とは?汗が止まらないときはどうすればいい?

お仕事やその他諸諸で一日中野外で過ごされている方、夏場の暑い時期に汗が止まらなく …

疲れ目の症状を解消する対策を原因別にご紹介します。

毎日の仕事で見なければいけないパソコンの画面や、移動中や隙間時間に見ているスマホ …