いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

おみくじの正しい順番とは?ひいた後は結ぶ?持って帰る?

      2017/02/15

新年を迎え、初詣に行った時に楽しみの一つがおみくじですね。

大吉や吉、または凶など、引いたおみくじにはいろいろな運勢が書かれていますが、

「吉と小吉、末吉はどれが一番縁起がいいの?」なんて気になったことはありませんか?

今回は、神社やお寺でひくおみくじの正しい順番や、おみくじの由来、意味、取り扱い方等についてご紹介します。

スポンサードリンク

おみくじの正しい順番は?

大吉と大凶ではどちらが縁起がいいか判り易いですが、小吉や末吉、ただの吉は、どれが縁起がいいかわかりますか?

おみくじの縁起の順番は7段階に分かれています。一部では12段階に分かれているところもあります。

○7段階の順番

縁起が良い 大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶 縁起が悪い

○12段階の順番

縁起が良い 大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶 縁起が悪い

吉凶の順番の付け方は、神社によって違う事もありますので多少違うこともあります。

おみくじの正しいひき方

おみくじの正しいひき方とは、神社に参拝した際に、神様に願い事をして、その時に、

「どうすれば願い事がかなうのか、教えてください。」と、お願いをします。

そのあとにおみくじを引くのですが、その時に神様に教えて欲しい願い事について、具体的に思い浮かべながらひいてください。

これが正しいおみくじの作法になります。

おみくじの内容の正しい読み方

おみくじを引いた結果、大凶が出る事もあるでしょうが、大事なのはそこではありません。

おみくじの読み方で大事なのは、和歌と書かれている内容です。

おみくじを開いたら、まずは和歌を読んでその意味を理解しましょう。

一読しても難しくてなかなか意味が分からないこともあるでしょうが、何度も読んでいるうちに今の自分に必要な答えや、行動の為のヒントが書かれている事がわかってきます。

あくまでも大切なのは和歌や書かれている内容で、吉凶は、

大吉が出たら「良いことがありそうだ!」

凶が出たら「悪いことがないように気を引き締めよう!」

と、いうくらいに受け取ればいいのです。


スポンサードリンク

ひいた後のおみくじは結ぶ?持って帰る?

さて、おみくじを引いた結果はどうだったでしょうか?

大吉でも、大凶でも、それは神様からのありがたいメッセージですので、良い事が書いてあれば前向きな気持ちをもって、悪いことが書いてあっても気持ちを引き締めて、吉凶にかかわらず、引いたおみくじは持ち歩くのが本来の形です。

では、なぜおみくじを神社に結んでおくようになったのでしょうか?

それは、神様と縁を結ぶため、と言われています。

これには諸説あり、

「凶のおみくじを利き腕と反対の腕を使って結べば困難な行いを達成できたとして凶が吉に転ずる」という説や、

「木の枝に結ぶことによって、木の生命力を受けて願い事がしっかりかなう」、という説もあります。

いずれにしろ、結ぶ場合はしっかりとした目的をもって結ぶ様にしましょう。

神社に「おみくじ結び所」が設けてある場合は。そこに結ぶ様にしましょう。

ちなみに、おみくじの中で、大吉の入っている本数は、平均で20%ほどだそうです。

あと、おみくじは、ひく本数などに決まりはなく、1日に何回ひいてもいいのですが、

良いくじが出なかったからと言って何回もひくのは情緒に欠けますね。

おみくじをひくのは、1日、1回にしておきましょう。

最後に

日本人にはなじみの深いおみくじ。

私も初詣に行った際は必ずひきます。

ですけど、意外と知らないことが多いですよね。

今回お知らせさせていただいた様に、吉凶だけにとらわれずに内容をよく読んで、

神様からのメッセージを心に刻みましょう。

この機jの他にも、拙ブログには神社やおみくじに関する記事がありますので、良かったらご一読ください。

神社に参拝するときの正しい作法とは?

初詣はいつまでに行けばいい?初詣の意味、由来とは?

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お年玉の相場は年齢別にいくら位?お年玉をあげる際のマナーとは?

お正月は親戚が一同に会する楽しいひと時ですが、毎年頭を悩ませるのが、甥や姪たちに …

神社に参拝するときの正しい作法とは?

初詣や七五三、縁日、または旅行に行ったときや合格祈願など、神社に参拝する機会は結 …

お歳暮は義理の両親に贈る?おすすめは?贈る際のマナーは?

スポンサードリンク お歳暮とは、日頃お世話になっている方に贈るものですが、御結婚 …

ハロウィンに付き物のかぼちゃの由来は?お菓子を配るのはなぜ?

ここ数年の盛り上がりで、すっかり日本に定着した感のある「ハロウィン」のお祭りです …

お歳暮のお礼状はどうする?ビジネス用や個人用の文例をご紹介

お仕事の取引先や親類、親しい友人などからいただいてうれしいお歳暮ですが、お歳暮を …

七五三の由来と歴史、その意味は?なぜ11月15日に祝うのか?

お子様の成長を祝う七五三の行事。 スポンサードリンク 三歳の男の子と女の子、五歳 …

七夕の由来、七夕飾りの由来とは?七夕の定番の食べ物とは?

7月7日は七夕ですね。 お子さんの通われる幼稚園や小学校でも飾り付けをしたり、 …

中秋の名月はいつ?十五夜のお月見の由来とは?平成27年

日本には、古くから伝わる「中秋の名月」という行事がありますね。 スポンサードリン …

お盆のお墓参りは何日に行けばいい?行けない時はどうしよう?

お盆は、ご先祖様が年に一度、家に帰ってくる大切な行事ですが、お盆の期間中、お墓参 …

平成27年!お盆の新幹線の混雑予測は?座席の予約方法や自由席は?

お盆休みは、日本人にとっては、お正月、ゴールデンウィークと並ぶ 数少ない連休の機 …