いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

インフルエンザ潜伏期間は?人にうつる?解熱後の外出は何日目から?

   

infuruenza01_b_04

インフルエンザが発症した場合、自分の体の中にインフルエンザウイルスが入り込んだのは何日くらい前なのでしょうか?

自分でも自覚のないままウイルスをまき散らしていたかもしれません。インフルエンザウイルスは潜伏期間中も人にうつるのでしょうか?

また、熱が下がった後でも人にうつるのでしょうか?

今回は、インフルエンザの潜伏中の感染や、解熱後の感染について、私の知っていることをご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?

インフルエンザウイルスは、感染者の咳やくしゃみなどで飛ばした唾液を吸い込むことや、感染者の触ったものに触った後、自分の目や手に触れてしまうことが主な原因で体内に入り込みます。

体内に入ったウイルスは気道や肺に定着して体内で増殖していきます。

潜伏期間は2日前後、長い時で1週間ほど潜伏します。

インフルエンザウイルスは潜伏期間中も人に感染する?

インフルエンザウイルスの感染力は、発熱してから3日目にピークを迎えますが、実は潜伏期間中も感染の危険はあります

潜伏期間中は、自覚症状がほとんどなく、インフルエンザに罹っていることを自覚して、人との接触を避けることが難しい状況です。

ですが、潜伏期間中の感染力は発症後ほど高くありません

感染力のピーク前に、インフルエンザだと判断できれば、お医者様に抗インフルエンザ薬を処方してもらい感染を最小限に抑えることが出来ます。

発熱前にはくしゃみが多くなったり、鼻水、のどの違和感、痛みといった症状が現れるので、周りでインフルエンザが流行っているような場合は感染を疑った方が良いでしょう。

急な発熱や全身の倦怠感、頭痛には注意してください。


スポンサードリンク

解熱後、何日ぐらいで外出できる?

熱が下がった後は、早く学校や仕事に行きたいでしょうが、ちょっと待ってください。

インフルエンザウイルスの排出は最長で、2週間程度継続します。

解熱後、2日程度で大抵の場合は感染力は無くなりますが、人によっても様々です。

一般的には、発症前と発症後、3日から7日間はウイルスを排出すると言われています。

学校保健安全法では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するするまで」を、インフルエンザの出席停止期間としています。

ですので、「発症した後、5日かつ解熱した後2日(幼児は3日)」を守れば、問題ないと思われます。

解熱した後も油断せずに、2日間は自宅で養生してください。

最後に

くしゃみや鼻水、のどの痛み、倦怠感などの症状を感じた場合は早めにお医者様の処方を受け、インフルエンザに罹っていた場合は解熱した後も2日間は体を休めてください。

会社や学校を休めない事情はおありでしょうが、解熱後すぐに会社や学校に行って、会社で感染を広げては元の子もありません。

ご自身の体だけでなく、会社や学校のことを考えて、まずはインフルエンザをしっかり治しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

禁酒のメリットはこんなにある!具体的な効果とは?

仕事の後の一杯のビールは格別!。これを楽しみに一日を過ごして居る方もおられると思 …

体臭の原因と入浴の関係とは?体臭予防に効果的な体の洗い方とは?

スポンサードリンク 寒い季節を超えて汗ばむ季節になると、自分の体の汗の臭いが気に …

花粉症を掃除で軽減する方法は?洗濯や布団干しはどうすればいい?

毎年早ければ、2月になるころには杉の花粉は飛散を始めているそうです。 花粉の飛散 …

眠れない原因は病気?眠れなくなる原因と対策とは?

夜、さあ寝ようと布団に入ってもなかなか寝付けない… 1時間も2時間も布団の中でご …

下痢が続く時の原因と仕組み、原因ごとの対処方法とは?

腹痛や下痢は、突然襲ってくるのも大変ですが、下痢を繰り返して、なかなか直らないの …

風邪で熱が下がらない時の具体的な対処方法とは?

風邪に罹り熱が下がらない時は本当に体がだるくしんどく辛いものです。 早く何とかし …

乾燥肌を改善する良い食事とは?乾燥肌の原因となる悪い食事とは?

冬になると気温の低下や空気の乾燥などが原因で肌が乾燥しやすくなります。 そこで、 …

男の乾燥肌の改善方法とは?その原因と対策をご紹介します

スポンサードリンク 寒さが厳しい季節になってくると、男にも乾燥が肌につらい時期に …

肩こりの原因とは?肩こりが原因の頭痛と吐き気の解消法は?

事務仕事などで1日中机に向かっている方で、ひどい肩こりにお悩みの方は多いと思いま …

夏風邪に罹った子供の特徴とは?その対処法と予防法は?

小さいお子さんが夏風邪をひかれると、40度近い高熱が出たり、なかなか 症状が良く …