いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お歳暮のお礼状はどうする?ビジネス用や個人用の文例をご紹介

   

img20121227_01
お仕事の取引先や親類、親しい友人などからいただいてうれしいお歳暮ですが、お歳暮をいただいたお礼状は出されていますでしょうか?。

色々通信手段が発達したこのご時世、メールや電話で済ませてしまう方も多いのでしょうが、礼儀としては、お礼状を出すのが正しいマナーです。

今回は、お歳暮のお礼状の書き方について、文例も合わせてご紹介します。

お歳暮のお礼状はどうする?

通常、お歳暮をいただいた場合、お礼状は出来るだけ早く出すことが大切です。

お歳暮の品が届いてから2~3日以内には投函するようにしましょう。

また、お礼状はお手紙で出すことが最も丁寧な方法です。

葉書で出す場合は、目上の方に対しては失礼に当たりますのでご注意を。

葉書で出す場合は、一文、「葉書にて失礼します。」と、添えましょう。

お礼状を書こうとした場合、友人の様な親しい間柄では、堅苦しい挨拶にこだわる必要は有りません。

しかし、仕事の取引先やお勤め先の上司などに書く場合、感謝の気持ちを表す言葉を丁重に選んで書きましょう。


ビジネスや個人用の文例をご紹介

お礼状の書き方のポイントは?

お礼状を書く際は、お歳暮をいただいた事への感謝の気持ちを伝えるようにします。

下記のポイントを押さえて文章を構成すると書きやすいでしょう。

○挨拶の言葉

○お歳暮をいただいたお礼と感謝の言葉

○自分だけでなく、家族が喜んでいる様子

○相手の健康や息災を願う言葉

○日付、差出人名

これらを踏まえて、ビジネス用と、目上の方用、個人用の文例を下記にご紹介します。

ビジネス向けのお礼状の文例

拝啓

師走の候 貴社はますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、本日は結構なお歳暮の品を賜り、誠にありがとうございます。

毎々のご配慮に恐縮するとともに心よりお礼申し上げます。

寒さはこれから本番でございます。皆様くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします。

まずは略儀ながら書面にて御礼申し上げます。

平成○○年○月○日

株式会社○○○○

代表取締役 ○○○○

上司や目上の方向けのお礼状の文例

○○○○様

拝啓

師走の候、皆様には益々ご健勝のことと存じ上げます。

さて、このたびはお心のこもったお品を頂戴し、誠にありがとうございました。

いつもながらのお心遣い心より感謝申し上げます。

厳しい寒さが続きますが、ご自愛のほどお祈りいたします。

まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

平成○○年○月○日

自分の氏名

個人向けのお礼状の文例

○○○○様

拝啓

師走に入り寒さも厳しくなってまいりましたが、皆様、変わりなくお過ごしでしょうか。

こちらは皆、変わらず元気にしております。

いつもご丁寧に、素敵なお心遣いを送ってくださり、ありがとうございます。

いただいた○○は、家族でおいしくいただきました。

どうぞ、奥様にもお伝えください。

寒さ厳しい折、どうかお体を大事にされ、良い年をお迎えください。

先ずはお礼かたがたご挨拶まで

平成○○年○月

自分の氏名

最後に

いかがだったでしょうか?

お礼状は、ポイントと文例を参考にアレンジしていただければ、意外と簡単に書けると思いますので、ぜひ参考にしてください。

年末年始の忙しいときに、お歳暮の返事もついつい忘れがちになってしまいますが、お礼はキチンとしておきましょう。

贈った相手としては、贈り物がちゃんと届いたか、気になっているはずです。

贈ってくれた相手の為にも、出来るだけ早く、感謝の気持ちをお伝えしましょう。

 - 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

神社に参拝するときの正しい作法とは?

初詣や七五三、縁日、または旅行に行ったときや合格祈願など、神社に参拝する機会は結 …

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

神社でおみくじを引いたとき、大吉や、凶などの運勢のところに一番に目が行きますが、 …

おみくじの正しい順番とは?ひいた後は結ぶ?持って帰る?

新年を迎え、初詣に行った時に楽しみの一つがおみくじですね。 大吉や吉、または凶な …

お歳暮の由来とは?いつまでに贈る?お歳暮のマナーとは?

お歳暮とは、お中元と並んで、日頃お世話になっている方に贈り物をする行為のことを言 …

恵方の2016年の方角は?恵方巻の由来とは?正しい食べ方とは?

2016年、平成28年、2月3日の節分の日が近づいてまいりました。 みなさま、今 …

お彼岸の由来とは?なぜお墓参りをする?なぜおはぎを食べる?

日本には古くから「お彼岸」という、春と秋にお墓参りをする習慣があります。 この習 …

七五三の準備はいつ始める?写真撮影や神社、会食の予約はどうする?

お子様の成長を祝う、七五三の行事。 ですが、七五三の当日は、以外にやることが沢山 …

お歳暮は相手が喪中でも贈れる?自分が喪中の場合はどうすればいい?

お歳暮の季節を前に、毎年お送りしている方を確認していたら、その方が喪中だった場合 …

土用の丑の日っていつ?なぜ土用の丑の日はうなぎを食べるの?

毎年、7月の終わりごろは、土用の丑の日にうなぎを食べます。 町のうなぎ屋さんも賑 …

お盆って、どんな行事?期間はいつ?お盆に行うしきたりとは?

毎年、8月の半ば頃にある、お盆の帰省ラッシュ、高速道路の渋滞、 各地で行われる盆 …