いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お歳暮は義理の両親に贈る?おすすめは?贈る際のマナーは?

   

20131224230538ddd

お歳暮とは、日頃お世話になっている方に贈るものですが、御結婚された場合、両親と義理の両親には何かとお世話になるという事

で、お歳暮を贈る世帯も多いとのことです。

ある調査によると、4割ほどのお宅がお歳暮やお中元を贈っているのだとか。

そんなことで、今回は、ご結婚された方が両親や義両親に、お歳暮を贈りたいと思った場合に、どんなものを送れば喜んでいただけ

るか、また、贈る際のマナー等について、ご紹介したいと思います。

義理の両親にお歳暮は贈る?

冒頭に、義理に両親にお歳暮を贈っている世帯が割と多いと書きましたが、贈った方が良いか?と聞かれると、答えとしては、日頃のお付き合いによる、という答えなると思います。

お歳暮とは、日頃お世話になっている方に、1年の感謝の気持ちを込めて贈るものです。

例えば、日常的に度々会う機会があり、家族の間柄で堅苦しいことをしない、という様なという様な雰囲気であれば贈る必要はないと思います。

また、ご両親のお誕生日や、父の日、母の日にプレゼントを送っているのであれば、お歳暮にこだわる必要はないと思います。

あとは、夫婦でよく相談して決めるか、他のご兄弟がおられれば聞いてみるのもいいかもしれません。

義理の両親に贈るお歳暮のおすすめは?

お歳暮を贈ると決めた場合、どんなものを送れば喜んでもらえるでしょうか?

日用品や消耗品

無難なところでは、石鹸や洗剤などの日用品は、喜ばれることが多いです。

普段からお母さんが使っているブランドをリサーチして送れば一層喜んでもらえると思います。

ご両親の好物や日持ちする食べ物

ご両親の好物を知っていれば、おすすめです。

あとは、日持ちするハムやお菓子類とか、お酒類やコーヒーなどもお好きな方なら喜ばれますね。

お歳暮の相場は?

お歳暮の相場は、だいたい3,000円から、5,000円くらいが一般的な様です。

あまり負担にならない額に収めたいですね。


お歳暮を贈る際のマナーとは?

熨斗紙を付けましょう

お歳暮を贈る際は、「お歳暮」と、書かれている熨斗紙を使うか、無地の熨斗紙に自分で書いてください。

紙袋でも大丈夫

持参するときは、正式には風呂敷に包んで持っていくものですが、紙袋に入れて持って行っても問題ありません。

ただし、お渡しする際は、紙袋から出してお渡ししてください。

配送する場合は

配送する場合は、挨拶状などを同封して贈るようにしましょう。

お歳暮の品をお店で購入し、直接配送する場合は、挨拶状を同封してもらうか、お歳暮より挨拶状が先に届く様に送りましょう。

最後に

お歳暮は、その1年の感謝の気持ちを贈るものです。

日頃、感謝の気持ちを贈る機会があまりなかったと感じたならお歳暮で感謝の気持ちを贈りましょう。

日頃から良い関係を築くツールとしてお歳暮という形で気持ちを贈っても良いのではないでしょうか?

 - 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ハロウィンとは?その由来と起源は?子供に聞かれたらどう教える?

日本ではここ数年で、毎年、昨年を上回る盛り上がりを見せている感のあるハロウィン。 …

お盆って、どんな行事?期間はいつ?お盆に行うしきたりとは?

毎年、8月の半ば頃にある、お盆の帰省ラッシュ、高速道路の渋滞、 各地で行われる盆 …

敬老の日に祖父母に贈って喜んでもらえる人気のプレゼントとは?

今年の敬老の日は、何をプレゼントするか、もうお決まりでしょうか? 毎年のことなの …

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

敬老の日のプレゼントは何を送る?幼児や赤ちゃんからの場合

毎年、9月の第3月曜日は敬老の日ですね! 毎年のことですので、何をプレゼントする …

恵方の2016年の方角は?恵方巻の由来とは?正しい食べ方とは?

2016年、平成28年、2月3日の節分の日が近づいてまいりました。 みなさま、今 …

平成27年!お盆の渋滞予測は?渋滞を回避する方法とは?

お盆休みは、日本人にとっては、お正月、ゴールデンウィークと並ぶ 数少ない連休の機 …

敬老の日の由来とは?その意味は?なぜ9月の第3月曜になったの?

毎年、9月の第3月曜日は「敬老の日」ですね。 今までがんばってきたおじいちゃん、 …

神社に参拝するときの正しい作法とは?

初詣や七五三、縁日、または旅行に行ったときや合格祈願など、神社に参拝する機会は結 …

七五三の由来と歴史、その意味は?なぜ11月15日に祝うのか?

お子様の成長を祝う七五三の行事。 三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の …