いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お歳暮やお中元をやめたい時はどうすればいい?断りたい時は?

   

oseibo-1

お歳暮やお中元は、日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈るものですが、何年も贈ることを続けていると負担に感じることもあります。

年を追うごとに諸々出費は増えていきますし、お歳暮やお中元の費用を捻出するもの大変です。

正直なところ、疎遠になった親せきや知人、仕事関係の付き合いで送っていたお歳暮、お中元は、お互いに負担にしかならないと思います。

それならば、どのような方法でやめるのか?私の知っている方法をご紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮、お中元をやめたい時、はどうすればいい?

きっぱりやめる

特に何もせず、贈るのをやめます。今まで貰っていた方にしても、いつも来るお歳暮、お中元が来なくなってもそれだけで怒り出す人はまず、いないと思います。

いままで贈っていた相手の方との今までの、そしてこれからのお付き合いを考えて、感謝の気持ちがあるなら、またはお世話になった、と思えるなら送れば良いと思います。

しかし、何か月も顔を合わせる事もない様なお付き合いなら、贈るのをやめても良いのではないでしょうか?受け取っていた方も負担になっていたかもしれません。

元々、贈り始めたのは誰かに強要されたのではなく、感謝の気持ちあってのことだと思います。

それならば、贈るのをやめるのを判断するのも自分の気持ちに従ってください。

貰う方からすれば、今までいただいていたことで感謝の気持ちは十分伝わっていると思います。

礼状などに変える

お歳暮、お中元をいきなり止めることに抵抗がある、または贈ることを止めてもご縁は繋いでおきたい、とお考えの方はこの方法が良いのでは無いでしょうか?

○最後のお歳暮、お中元を贈る時に、今までの感謝の気持ちを述べて来年から贈らない旨を申し添える

お送りする相手により変わりますが、

※今までお世話になったことにお礼と感謝のメッセージを述べる

※これからは儀礼を止めて、気楽な関係になりましょう。

という、どちらかのメッセージを送りましょう。

○お歳暮、お中元を贈らずに、年賀状や寒中見舞い、暑中見舞いに変える。

季節の挨拶を兼ねて、葉書、手紙などで「お互い、気を遣わずにこれからも宜しくお願いします」という気持ちを伝えましょう。


スポンサードリンク

お歳暮、お中元を断りたい時は?

話し合う

いままで お歳暮、お中元を一方的に贈るのではなく、お互いに贈り合う関係の場合、お歳暮、お中元のシーズンに入る前にお互いに止めるのが良いと思います。

気心の知れた間柄の場合、「お互いに気を遣うのも水臭いので」と、相談しお互いに贈るのを同時に止めるように提案してはどうでしょうか?

一方的に戴いていた関係の場合、電話や口頭で伝えても良いと思います。

最後に

いろいろ気を遣う事の多い人間関係ですが、

今まで贈っていたお歳暮、お中元を止めたいと考える場合、今後、その方とどのようなお付き合いをしたいのかを十分に考えましょう。

相手に対する感謝の気持ちが薄れていっているのであれば、儀礼的に贈るのを止めることも対手に対する思いやりだと思います。

今回ご紹介させていただいた方法をご参考に、贈る相手との関係を考えて、決断ください。

スポンサードリンク

 - 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

初詣はいつまでに行けばいい?初詣の意味、由来とは?

日本人なら、お正月にだれもが行く初詣ですが、 大晦日から元旦にかけて行く方もおら …

お盆の新幹線の混雑予想は?チケット予約や自由席を確保する方法は?2016年

お盆休みは、お正月、ゴールデンウィークと並ぶ数少ない連休の機会ですが、今年、20 …

七五三の準備はいつ始める?写真撮影や神社、会食の予約はどうする?

お子様の成長を祝う、七五三の行事。 スポンサードリンク ですが、七五三の当日は、 …

残暑見舞いはいつ出すの?残暑見舞いの書き方とは?

夏になると友人、知人、お仕事関係の知り合いから、暑中見舞いが 届くことがあります …

お盆のお墓参りは何日に行けばいい?行けない時はどうしよう?

お盆は、ご先祖様が年に一度、家に帰ってくる大切な行事ですが、お盆の期間中、お墓参 …

母の日のプレゼントは花束と鉢植えどっち?花の種類と色は?

母の日のプレゼントといえば、定番中の定番はカーネーションの花ですが、花束で贈るか …

平成27年!暑中見舞いはいつ出すの?暑中見舞いの書き方とは?

毎年暑い時期になると、友人、知人から届く暑中見舞い。 いざ、自分が出すことになっ …

七五三の由来と歴史、その意味は?なぜ11月15日に祝うのか?

お子様の成長を祝う七五三の行事。 スポンサードリンク 三歳の男の子と女の子、五歳 …

ハロウィンに付き物のかぼちゃの由来は?お菓子を配るのはなぜ?

ここ数年の盛り上がりで、すっかり日本に定着した感のある「ハロウィン」のお祭りです …