いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

二日酔いの予防対策とは?飲む前と飲酒中、飲んだ後の対策をご紹介

      2016/09/30

illust2423_thumb

楽しい宴の翌朝のつらーい二日酔い。

ズキズキ痛む頭と、何とも言えない吐き気。もう二度と酒なんか、と思いますが、やっぱりお酒は美味しいですよね。

今回は、お酒を飲む前、飲んでる最中、飲んだ後に出来る二日酔い対策について、ご紹介します。

スポンサードリンク

二日酔いの予防対策 飲む前にしておくこと

寝不足は危険

寝不足の時は、当然体調も悪く、体のアルコールを分解する力も衰えています。

寝る時間を削ってまでかかった忙しい仕事の後など、ついつい飲み過ぎてしまうこともあるでしょうが、そんな時こそお酒は控えめにしてください。

飲む前にできる二日酔い対策

〇飲酒前の空腹を避ける

空腹の状態でお酒を飲むと、胃や腸が急速にアルコールを吸収してしまい、二日酔いになりやすくなってしまいます。

お酒を飲む前は、必ず何か食べて、空腹を避けてください。

〇脂肪分か、お茶を摂る

脂肪分は、二日酔いに大変効果があります。脂肪分は、胃袋ではほとんど吸収されません。

お酒を飲む前に、脂肪分を摂っておくと、アルコールの吸収を妨げ、急激な酔いを防いでくれます。

ヨーロッパでは、飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むとか、ロシアでは、バターやサワークリームを食べ、二日酔いを防止することが知られています。

○二日酔いは避けたいけど脂肪分は太るから避けたい、という場合は、緑茶が効果的です。

緑茶に含まれるカテキンは、アルコール等の栄養の吸収を阻害する効果があります。

〇牛乳を飲む

牛乳に含まれている乳脂肪はアルコールの吸収を遅らせる効果があります。これは上で説明した脂肪分を接種するのと同様の効果ですが、牛乳にはさらにもう一つ飲酒時に実感できる効果があります。

牛乳に含まれているタンパク質はアルコールの分解を早める効果があります。つまり、酔いがさめやすくなります。

〇ウコンを摂る
昨今、ウコンのドリンクはいろいろな物が売っており、飲み過ぎに効果があることはよく知られていますね。

ウコンはアルコールを分解してくれる肝臓の機能を活性化し、体内でアルコールが分解して発生するアセトアルデヒドを排泄しやすくしてくれます。

夜、お酒を飲むことが分かているなら当日の朝にウコンを接種しておけば、肝臓の機能が活性化され体内に入ったアルコールを速やかに分解、解毒してくれる効果が期待できます。

飲酒中にできる二日酔いの予防対策

○水を飲みながらお酒を飲む

体内でアルコールを分解するには水分が必要です。また、アルコールには利尿効果もあり、飲酒後の脱水状態の原因となります。

脱水状態を防ぐため、お酒を飲むときは、同量以上の水を飲みましょう。

水を飲むと、アルコールも薄まるし、排泄も進むので二日酔い防止には効果的です。

※水の代わりに、スポーツドリンクや炭酸飲料を飲みたいという方も居られるでしょうが、この二つは、水より吸収が良く、お酒と一緒に飲むと逆にアルコールの吸収も早めてしまいます。

お酒と一緒に飲むのは、あくまでも、水、もしくはお茶にしてください。

○食べながら飲む

空腹状態でアルコールを摂るのを避けるためにも、おつまみを摂りながらお酒を飲んでください。

おつまみの定番、豆腐、枝豆、チーズなどは、アルコールの分解に必要なタンパク質が豊富に含まれています。

イモ類、小松菜、赤ピーマンなど、アルコールの分解に効くビタミンCが豊富に含まれています。


スポンサードリンク

二日酔いの予防対策 飲んだ後にしておくべきこと

○気持ちが悪くなったら

いろいろ対策をしたにもかかわらず、飲み過ぎて気持ち悪くなってしまったら、無理せず吐いてしまいましょう。

吐くことで胃の中が空になり、消化のための負担が軽くなります。

○水分補給

飲んだ後にはぜひ水分補給をしてください。水は二日酔い防止に効く最高のものと言われています。

コップ2杯程度は飲みましょう。

上で、飲酒中はスポーツドリンクは避けてくださいと書きましたが、飲酒後は、体に水分を取り入れる為にスポーツドリンクは効果的です。

吸収に優れているので、すでに始まっている脱水症状が楽になります。

○アルコールの分解を助ける食品を食べる

飲酒後、食べ物が食べれる状態でしたら、アルコールの分解を助けてくれる食べ物を摂ってください。

ミカンやグレープフルーツ等の柑橘系や、リンゴなど、果物に含まれている果糖はアルコール分解に効果的です。これらのフルーツの100%ジュースも同様の効果があります。

はちみつも、果糖、ブドウ糖が多く含まれており効果的です。

には、果糖のほか、カタラーゼという酵素が入っており、アルコール分解に効果があります。

 最後に 

二日酔いを予防するための対策として大事なことは、お酒を飲み過ぎない、お酒を飲むペースを早くしない、水分を補給しながら飲む、等の事が大事です。

今回ご紹介したことを守って、二日酔いの無い、楽しいお酒にしてください。

それでも、飲み過ぎて二日酔いになってしまった、という方は、拙ブログのこの記事もご覧ください。

二日酔いの治し方。二日酔いはなぜ起こる?つらい吐き気と頭痛対策

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザの子供の症状とは?対処法は?家での感染は防げる?

毎年11月の下旬頃からインフルエンザに罹る方が多くなってきます。 お子様が急な発 …

夏風邪に罹った子供の特徴とは?その対処法と予防法は?

小さいお子さんが夏風邪をひかれると、40度近い高熱が出たり、なかなか 症状が良く …

ダルくて疲れやすい原因と改善方法は?もしかして病気かも?

日頃からなんか体がだるい、疲れやすい、寝ても疲れが取れない、などと感じておられる …

お酒を飲むと下痢になるのはなぜ?下痢にならない飲み方とは?

おいしくお酒を飲んだ翌日、お腹がゴロゴロして調子が悪い。飲むと必ず下痢になってし …

寝不足が引き起こす症状とは?寝不足の解消方法とは?

仕事が忙しすぎたり、悩み事や極度の緊張からちゃんと寝れなくなり、睡眠不足から不眠 …

家族がインフルエンザを発症した時、他の家族は仕事や学校に行ける?

ご家族がインフルエンザを発症された場合、他の家族の感染予防は当然されるとして、お …

風邪で食欲がない時に良い食事とは?風邪の時、体に悪い食べ物とは?

高熱や咳、くしゃみ、鼻水を伴う辛い風邪。 仕事や学校などもそうそう休めませんし早 …

花粉症の鼻水、鼻詰り等の症状の対策とは?花粉症に効く食べ物とは?

くしゃみ、鼻水、目の痒み、春先になると辛い症状が襲ってくる花粉症。 スポンサード …

咳が止まらない!風邪の後のしつこい咳の原因とは?

風邪をひいて2~3日寝込むハメになり、すっかり熱も下がったのに、咳だけがいつまで …

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いとは?メリットとデメリットは?

紫外線量がピークに達する5月から8月の間、紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め …