いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

二日酔いの治し方。二日酔いはなぜ起こる?つらい吐き気と頭痛対策

   

futsukayoi

つい飲み過ぎてしまった… 二日酔いだ… 辛い、苦しい…、仕事休みたいけど、今日はどうしても休めない!

そんな時、辛い二日酔いを早く治す方法をご紹介します。

二日酔いの治し方とは?

○熱いシャワーを浴びる

二日酔いの朝に熱いシャワーを浴びることで、血液の流れが良くなり、アルコールの分解が早まります。

目が覚めてすっきりするので、シャキッとした状態で出かけることが出来ます。

ただし、あまりにも具合が悪いときは止めた方が良いでしょう。

○水分を補給する

二日酔いの朝は、のどがカラカラに渇いているはずです。通常でも睡眠中に大量の水分を失っていますが、それに加えてアルコールの分解に水分が不可欠なため、全身が脱水状態になっているのです。

コップ1杯、2杯の水分を摂取しましょう。

もし水を飲んでも吐き気を催すようならその都度繰り返し吐いてください。いわゆる「胃のうがい」と言われる行為ですが、吐けるものがなくなると徐々に落ち着いてきます。

水分を摂る際に、冷たい水を沢山摂るのは控えてください。冷たい水は体内に入った後に胃に留まり、体温と同じくらいに温まるまで吸収されません。

水分を素早く吸収するコツは、体温と同程度の白湯を飲むことです。大量の水分を出来るだけ早く摂取したい場合は、温かい飲み物を飲みましょう。

○二日酔いの時にお勧めの飲み物

・味噌汁
温かく、塩分が適度に含まれた味噌汁は、吸収も良く、二日酔いの時に適した飲み物です。

・温めたスポーツドリンク
スポーツドリンクはスポーツによって失われた水分、栄養素を素早く補給するように作られた飲み物ですが、これが二日酔いの回復にぴったりマッチします。吸収を良くするために、常温のものをゆっくり摂るか、体温くらいに温めて摂りましょう。

・トマトジュース
トマトに含まれるクエン酸やリンゴ酢が疲労物質の除去を促し、頭がボーっとする感覚にグルタミン酸が働きかけるそうです。
常温のものをゆっくり摂りましょう。

○病院で点滴を受ける

二日酔いがひどくて病院に行った場合は、たいてい点滴を打ちます。

点滴で直接血管にブドウ糖液を流し込むことで、体内のアルコール濃度を下げ、さらにアルコールを分解する際に必要な水分と糖分を補充します。

即効性が有りますので、大事な仕事などが控えている場合は思い切って病院に行くという手もありです。

また都市部には二日酔い専門の成分を調合したカクテル点滴を用意しているクリニックも存在します。

接客や付き合いなどで酒が強く無いのに飲む機会が多い人が利用しているようです。

相場は3千円~6千円程度です。

二日酔いはなぜ起こる?

○二日酔いが起こる仕組み

体の中に入ったアルコールがどのように分解されるのかをご説明します。

体内に入ったアルコールは、胃や小腸から肝臓に送られ、そこで酢酸と二酸化炭素水にまで分解されるのですが、分解の過程で、「アセトアルデヒド」という有害物質が出来てしまいます。

この「アセトアルデヒド」の血中濃度が濃くなると、頭痛、吐き気、発汗などの二日酔いの症状を引き起こします。

一度に肝臓で分解できるアセトアルデヒドの量は限られているため、分解処理が追いつかなくなると血液中のアセトアルデヒドの濃度が上昇、さらに脱水症状や胃腸の不具合などが重なり、二日酔いの症状となってしまうのです。


二日酔いの吐き気と頭痛対策とは?

○吐き気

吐き気がある場合は、我慢せずに吐いてしまいましょう。

通常、食べたものは2~3時間で胃を通過します。揚げ物や炒め物などのタンパク質や脂肪分などが多くなると4時間以上掛かるといわれます。

朝起きたときに胃に何か残っているという事は、胃が相当に弱っているという事です。その弱り切った胃に無理やり消化させることは更に負担を強いることになってしまいます。

非常につらい行為ですが、吐いて胃の中を空にしてしまいましょう。

○頭痛

二日酔いの頭痛の原因は、大きく分けて5種類と考えられます。

アデノシン、脱水症状、低血糖症、アセトアルデヒド、等 です。

これらの原因に合わせた対処が必要です。

・アデノシンが原因の頭痛

ズキズキするような頭痛の場合は、血管を収縮させる事が重要です。
コーヒーや牛乳には血管を収縮させる効果があります。

・低血糖、脱水症状の頭痛

低血糖や脱水症状が原因の頭痛の場合、水分と電解質、糖分を取ることが重要です。

低血糖、脱水症状は頭痛だけでなく、多くの二日酔いの原因となります。

これらの頭痛にはスポーツドリンクや果実ジュースなどが効果的です。

・アセトアルデヒドの頭痛

アセトアルデヒドは直接体内から除去することは出来ません。その為、より早くアセトアルデヒドを分解することが重要です。

アセトアルデヒドの分解には、シジミの味噌汁や卵、ゴマなどが効果的です。

最後に

二日酔いの治し方についてご紹介してきましたが、二日酔いで体が弱っている時には病気が併発しやすい状態とも言えます。

元々体調を崩していたら、風邪気味だったら、何かの持病を抱えていたら、その症状が悪化したとしても不思議ではありません。

明らかに単なる二日酔いではない症状を感じたら、状況に応じて病院に行きましょう。

その余裕すらない場合は、迷わず救急車を呼んでください。

 - 健康, 生活の知恵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

眠れない原因は病気?眠れなくなる原因と対策とは?

夜、さあ寝ようと布団に入ってもなかなか寝付けない… 1時間も2時間も布団の中でご …

冷え性の原因はなに?冷え性を改善する方法とは?

手足などの末端や、腰やお腹などが冷たく、極度の冷えを感じる冷え性。 冷え性はとて …

台風の対策!自分で出来る事とは?どこを点検する?家の中の備えは?

日本列島では、毎年、夏から秋にかけて台風が接近、上陸することがあります。 ここ数 …

体臭の原因と入浴の関係とは?体臭予防に効果的な体の洗い方とは?

寒い季節を超えて汗ばむ季節になると、自分の体の汗の臭いが気になりませんか? 自分 …

夏の突然の停電!冷蔵庫は大丈夫?事前の準備は?停電後の始末は?

地震や台風などの災害時、停電は突然やってきます! そんな時、冷蔵庫は大丈夫でしょ …

風邪で食欲がない時に良い食事とは?風邪の時、体に悪い食べ物とは?

高熱や咳、くしゃみ、鼻水を伴う辛い風邪。 仕事や学校などもそうそう休めませんし早 …

洗濯ものを部屋干しする場所はどこ?湿気や臭い対策は?

梅雨の時期や、諸々の事情で洗濯ものが外に干せない場合、しかもそれが長期間続く場合 …

妊婦はインフルエンザの予防接種できる?時期は?副作用の心配は?

冬の寒さも厳しくなってくると、インフルエンザの流行の話もニュースで流れてきます。 …

下痢が続く時の原因と仕組み、原因ごとの対処方法とは?

腹痛や下痢は、突然襲ってくるのも大変ですが、下痢を繰り返して、なかなか直らないの …

年賀状を元旦に届ける為には何日までに出せば?遅れた場合の対策は?

もうすっかり寒くなってしまった今日この頃、毎年恒例の年賀状の準備などは進んでおら …