いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

赤ちゃんの熱中症の兆候は?熱中症になった時の対策と予防方法は?

   

free-illust43
熱中症とは、温度と湿度が高い状態が長く続く時、体から水分と塩分が失われてしまい熱が体にこもったままの状態が続き熱が体から放出されなくなってしまった状態のことです。

大人の場合、自分で症状を自覚することが出来ますが、症状を訴えることの出来ない赤ちゃんの場合、親が赤ちゃんの状態をしっかりチェックしてあげましょう。

今回は、赤ちゃんが熱中症にかかった場合の兆候、症状と、その対策、予防法などについて、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症の兆候は?

まず、赤ちゃんが(赤ちゃんに限らずですが)熱中症にかかりやすい状態とは、室内、室外にかかわらず、高温の状態です。

夏の暑い日、エアコンを使っていない締め切った室内や車内、わずか数分間でも赤ちゃんを車内に置き去りにすることはしないでください。

日差しのきつい日の公園、また涼しいでも赤ちゃんの場合、長く居ると熱中症を起こす危険があります。

ベビーカーに乗せていても、アスファルトの下からの照り返しで、熱くなっている場合があります。

体が小さく、体温調整が十分に発達していない赤ちゃんは、あっという間に重症化して命にかかわる場合があります。

赤ちゃんを良く観察して、以下のような症状が見られたときはすぐにケアしてあげましょう。

○泣いてばかりいる。機嫌が悪い。

○汗をかいていない。泣いても涙が出ない。

○体や顔が赤く、熱い。微熱がある。

○顔色が悪く、青ざめている。

○呼吸が速く、苦しそう。

○ぐったりしている。

赤ちゃんが熱中症に罹ってしまった時の対策は?

上記のような症状が見られた場合のケアの方法です。

○1.すぐに涼しい場所に移動する。

赤ちゃんの顔が赤くなってきたり、ぐったりして呼吸が速くなって来たりしたら、室外の場合はすぐに日陰や涼しい室内へ移動しましょう。

高温の室内、車内の場合は、窓を開ける、エアコンを付けるなど、してください。

○2.衣服を脱がせて、寝かせる。

涼しい場所に移動させたら、衣服のボタンをはだけたり、脱がせたりして、体内の熱を冷ましてください。

次に寝かせて、足の下に丸めたタオルを入れ、足を高く、頭を低くしてあげてください。

○3.頭や脇の下などを冷やす。

冷たいタオルや冷却シート等で身体を冷やしましょう。頭や首筋、脇の下など太い血管が通っているところを冷やすと血液の温度が下がり、体温も下がりやすくなります。

○4.水分をたっぷりと与える。

熱中症で、脱水の心配がある時は、水分だけでなく、汗とともに失われた電解質を補う必要があります。

水や麦茶だけでなく、赤ちゃん用のイオン飲料を与えてあげてください。

☆緊急事態!
○1.名前を呼んでも反応がない

○2.呼吸が弱くなった、なくなった

○3.けいれんを起こしている

このような症状がある場合は緊急事態です!
身体を冷やしながら、すぐに救急車を呼びましょう!


スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症の予防方法は?

熱中症を予防するために、普段から下記のことに気をつけてください。

○日差しの強い日中、外出するときはあまり長時間でない。必ず帽子をかぶらせる。

○定期的に声をかけ、様子をみる。

○室内にいるとき、夜寝るときなどは窓を開ける。エアコンを付ける。

○涼しい服装を心掛け、着替えはこまめにする。

○こまめに水分補給をする。ジュースよりも水やお茶、赤ちゃん用イオン水などの方が良いでしょう。

まとめ

○赤ちゃんの熱中症は気付きにくいので、赤ちゃんの様子をこまめにチェックしてください。

○赤ちゃんの体内の水分の割合は大人と比べて多く、それだけ熱中症になりやすいのです。

○熱中症について、拙ブログにてまとめた記事がありますので、合わせてご確認ください。

熱中症とは?どんな症状?熱中症になりやすい人とは?その対策は?

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いとは?メリットとデメリットは?

紫外線量がピークに達する5月から8月の間、紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め …

インフルエンザの子供の症状とは?対処法は?家での感染は防げる?

毎年11月の下旬頃からインフルエンザに罹る方が多くなってきます。 お子様が急な発 …

花粉症を掃除で軽減する方法は?洗濯や布団干しはどうすればいい?

毎年早ければ、2月になるころには杉の花粉は飛散を始めているそうです。 花粉の飛散 …

花粉症の時に頭痛がひどい!その原因と対策、治し方は?

花粉症には様々な症状が有り、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどが一般的に言われています …

疲れ目の症状を解消する対策を原因別にご紹介します。

毎日の仕事で見なければいけないパソコンの画面や、移動中や隙間時間に見ているスマホ …

風邪で咳がひどくて眠れない!咳を止める方法とは?咳の原因は?

風邪をひいてしまい、咳が止まらなくなってしまった時、夜、寝るときに布団に入ってか …

冷え性の原因はなに?冷え性を改善する方法とは?

手足などの末端や、腰やお腹などが冷たく、極度の冷えを感じる冷え性。 冷え性はとて …

二日酔いの予防対策とは?飲む前と飲酒中、飲んだ後の対策をご紹介

楽しい宴の翌朝のつらーい二日酔い。 スポンサードリンク ズキズキ痛む頭と、何とも …

インフルエンザの予防接種は効果ある?効果の期間は?いつ頃受ける?

スポンサードリンク 毎年、寒さを感じる季節になってくると、インフルエンザの感染の …

熱中症の症状?汗が出ない!段階ごとの正しい対処法とは?

熱中症にかかり救急搬送される人の数は年々増え続け、2015年では5月から9月まで …