いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

七五三の由来と歴史、その意味は?なぜ11月15日に祝うのか?

   

free-illustration-shichigosan-set-torii

お子様の成長を祝う七五三の行事。

三歳の男の子と女の子、五歳の男の子、七歳の女の子、が11月15日にお宮参りをする
日本の伝統行事の一つですが、この行事はどのような由来があり、
いつ頃から始められ、どのような経緯で現在のような形になったのでしょう?

知っているようで意外と知らず、お子様に聞かれてもどのように答えたらよいか、
困ってしまいますよね。

今回は、七五三の由来と意味、簡単な歴史など、私の知っている事を
ご紹介したいと思いますので、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

七五三の由来と歴史

七五三の由来は、室町時代にまで遡ります。

当時は幼児の死亡率が今とは比べ物にならないくらい高く、生まれてから3年~4年たって、
初めて、当時の戸籍に当たる人別帳や、氏子台帳に登録がされました。

七五三は、死亡率の高い危険な幼児期を乗り切って、無事に成長してこれた事の節目として、
その子の生まれた土地の神様に感謝と加護を祈る儀式として、江戸時代に定着しました。

もともとは、宮中や公家の儀式でしたが、江戸時代には呉服屋の宣伝によって、
一般的に広く行われるようになったということです。

七五三の意味

七五三は、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に、それぞれ下記のような意味があります。

○三歳=男女とも、髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)

昔は、乳児の間は病気を予防するために髪をそっておく風習があり、三歳になることで髪を伸ばし始め、
その為の儀式が「髪置」です。

○五歳=男の衣装である袴を着る  「袴着」(はかまぎ)

数えで五歳ごろに行われる、男児が始めて袴を着ける儀式で、幼児から少年への節目となります。

○七歳=女の子の着物帯の装い始め 「帯解」(おびとき)

女児が三つ身の着物と付け帯から、四つ身の着物と普通の帯へ変える儀式で、
この儀式が幼女から少女への節目となり、数えで七歳頃に行われます。


スポンサードリンク

なぜ、11月15日に祝うのか?

七五三は、現在では11月15日に祝うのが一般的ですが、なぜ11月15日に定着したのでしょうか?
二つの説があります。

1.11月15日に祝うこととなったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、
婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからだそうです。
また、旧暦の11月は、秋の実りを神に感謝する月でしたので、その満月にあたる15日に、
氏神に収穫の感謝とともに子供の成長を感謝したそうです。

2.もうひとつのいわれは、江戸時代、「お犬様」で有名な五代将軍綱吉のお子様、
徳松君のお祝いをした日に由来するのだそうです。

いかがだったでしょうか?
七五三の由来と歴史、その意味についてご説明していきました。

今年、お子様の七五三を迎えるという方は、ぜひご家族で、
お子様の成長をお祝いしてあげてください。

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お盆のお供え物は何を送る?喜ばれるお供え物とは?のし紙は?

ご結婚されて、初めてのお盆。 スポンサードリンク 義実家にお供え物を送る、又は持 …

敬老の日のプレゼントは何を送る?幼児や赤ちゃんからの場合

毎年、9月の第3月曜日は敬老の日ですね! スポンサードリンク 毎年のことですので …

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

神社でおみくじを引いたとき、大吉や、凶などの運勢のところに一番に目が行きますが、 …

お歳暮の由来とは?いつまでに贈る?お歳暮のマナーとは?

お歳暮とは、お中元と並んで、日頃お世話になっている方に贈り物をする行為のことを言 …

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

母の日のプレゼントは花束と鉢植えどっち?花の種類と色は?

母の日のプレゼントといえば、定番中の定番はカーネーションの花ですが、花束で贈るか …

お年玉の相場は年齢別にいくら位?お年玉をあげる際のマナーとは?

お正月は親戚が一同に会する楽しいひと時ですが、毎年頭を悩ませるのが、甥や姪たちに …

敬老の日の由来とは?その意味は?なぜ9月の第3月曜になったの?

スポンサードリンク 毎年、9月の第3月曜日は「敬老の日」ですね。 今までがんばっ …

土用の丑の日っていつ?なぜ土用の丑の日はうなぎを食べるの?

毎年、7月の終わりごろは、土用の丑の日にうなぎを食べます。 町のうなぎ屋さんも賑 …

初盆とは?初盆に供える香典(香料)の相場は?不祝儀袋の表書きは?

悲しかった故人とのお別れから月日が経ち、夏に初盆を迎えるときがやってきたとします …