いろいろ知っているブログ

Just another WordPress site

お彼岸の由来とは?なぜお墓参りをする?なぜおはぎを食べる?

      2016/06/24

日本には古くから「お彼岸」という、春と秋にお墓参りをする習慣があります。

この習慣はいつ、どのような由来によって始まったのでしょうか?
なぜ、御墓参りをするのか? なぜおはぎを食べるのか?

身近な様で、意外と知らない「お彼岸」という習慣について、私の知っていることを
まとめてみました。

スポンサードリンク

お彼岸はいつ?

お彼岸は、年に2回、春と秋にあります。

春のお彼岸は、春分の日の祝日を中心にした、前後の3日間の、合計7日間、

秋のお彼岸は、秋分の日の祝日を中心にした、前後の3日間の、合計7日間です。

例えば、その年の春分の日が3月21日であれば、3月18日から3月24日までの間が、
お彼岸になります。

毎年、春分の日、秋分の日は固定されておらず、国立天文台から発表されています。

お彼岸の由来とは?なぜお墓参りをする?

元々、「お彼岸」という言葉は仏教の用語で、梵語の「パーラミーター」という
言葉を訳したもので、現世と死後の悟りの世界とを川岸に例え、此方の世界を
「此岸」、死後の世界を「彼岸」と呼びました。

春分の日と秋分の日は、年間で昼と夜の時間がほぼ等しい日です。

仏教では、分かり易くいうと太陽が昇る東を現世、太陽が沈む西を死後の世界と考えていました。
そこで、太陽が真東から登り、真西へ沈み、昼と夜の時間が等しい日が、彼岸に居る人への
思いが一番通じ易い日と考え、思いの通じやすい時期に、お墓参りに行くという習慣が出来ました。

この習慣は、聖徳太子の頃に始まり、平安時代には朝廷でも儀式が行われており、
江戸時代になってからは庶民にも定着しました。

スポンサードリンク

仏教の教えがその由来ですが、お彼岸という習慣は日本にしか無い、日本固有の習慣だそうです。

なぜお彼岸におはぎを食べる?

江戸時代の初期の頃ですが、当時砂糖は大変な貴重品でした。
ですので、食べられるときも大切な人に振舞うときや、大切なな節目の時と決まっており、
お彼岸も、そんな節目のひとつとされていました。

そして、小豆の赤い色には魔よけの効果があると信じられており、小豆に砂糖を使った餡子を
お持ちに付けたおはぎを先祖へのお供え物としてお供えしたのが、おはぎを食べる習慣の始まりです。

現在では、春も、秋も、お彼岸にお供えするものは「おはぎ」と呼びますが、
本来は、春のお彼岸には、ぼたもち(牡丹餅)、秋のお彼岸には、おはぎがお供えされていました。

お餅を餡子で包んだ、ほとんど同じお菓子ですが、ひとつ違いがあります。
おはぎは粒あん、ぼたもちはこしあんが使われています。

おはぎの材料である小豆は、元々中国から伝わったもので、当時は漢方薬の材料として
使われていました。

小豆は4月から6月頃に種蒔きが行われ、9月から11月ごろに収穫されます。
丁度、お彼岸の時期に収穫したての新鮮なやわらかい小豆を使って作った粒あんを使った
おはぎを秋のお彼岸にお供えしました。

春のお彼岸には秋に収穫された小豆を使用したため、小豆の皮が固くなり、
その為こしあんを使ったぼたもちをお供えしました。

いかがだったでしょうか?
この情報が、あなたのお役に立てば、幸いです。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭, 年中行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

平成27年!お盆の渋滞予測は?渋滞を回避する方法とは?

お盆休みは、日本人にとっては、お正月、ゴールデンウィークと並ぶ 数少ない連休の機 …

初盆とは?初盆に供える香典(香料)の相場は?不祝儀袋の表書きは?

悲しかった故人とのお別れから月日が経ち、夏に初盆を迎えるときがやってきたとします …

おみくじの「待人」とはどんな意味?「失物」「相場」「求人」とは?

神社でおみくじを引いたとき、大吉や、凶などの運勢のところに一番に目が行きますが、 …

中秋の名月はいつ?十五夜のお月見の由来とは?平成27年

日本には、古くから伝わる「中秋の名月」という行事がありますね。 スポンサードリン …

お歳暮で頂いたハムのおいしい食べ方は?残ったハムの保存方法は?

スポンサードリンク お歳暮の季節になりました。お歳暮の定番といえば、テレビのCM …

半夏生の由来とは?半夏生に食べるものとは?

「半夏生」と書いて、「ハンゲショウ」と読みます。 雑節の一つで、夏至のころから数 …

お年玉の相場は年齢別にいくら位?お年玉をあげる際のマナーとは?

お正月は親戚が一同に会する楽しいひと時ですが、毎年頭を悩ませるのが、甥や姪たちに …

新札への交換、休日はどこで出来る?新札が必要な行事とは?

結婚式や出産、入学のお祝い、お年玉など、お祝い事のご祝儀は新札を贈ることが良いと …

お中元のお返しは会社からの場合は?のしの書き方は?金額は?

日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを込めて贈るお中元。 頂いてもうれしいも …

残暑見舞いはいつ出すの?残暑見舞いの書き方とは?

夏になると友人、知人、お仕事関係の知り合いから、暑中見舞いが 届くことがあります …